洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

ダイアナ・ロス、最新リミックス・アルバム『スーパートニック:ザ・リミックス』 リリース

DIANA ROSS


(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

モータウンの看板女性グループ、シュープリームスから脱退し、ソロ活動を開始してから今年で50周年を迎えたダイアナ・ロス(Diana Ross)。モータウン時代の大ヒット曲をリミックスした最新アルバム『スーパートニック:ザ・リミックス』がCDでリリースされた。

ダイアナ・ロス、最新リミックス・アルバム『スーパートニック:ザ・リミックス』 リリース

収録曲のうち、「アップサイド・ダウン」、「ラヴ・ハングオーヴァー」、「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」、「ザ・ボス」の4曲は、1970年~1980年のオリジナル・リリース時に全米ビルボード・チャートで1位を獲得(「ザ・ボス」のみオリジナル発売タイミングでの1位はダンス・チャート)。さらに、2018年以降にリミックス・ヴァージョンが4曲連続で同ダンス・チャートでも1位を獲得した。オリジナル・ヴァージョンが1位を獲得した曲のリミックス・ヴァージョンが4曲連続でダンス・チャートでも1位を獲得したのは、ビルボード・チャート史上初の快挙。50年近くを経ても、リミックス・ヴァージョンによってこれらの名曲は聴かれ続け、愛されている。

音楽界の先駆者であり伝説と謳われるダイアナ・ロスの、輝き続けるスターとしてのパワーを証明するアルバムとなっている。

リミックスを手掛けたのはハウス界の巨匠エリック・カッパー。これまでにアッシャー、アリシア・キーズ、ホイットニー・ヒューストン、ジャネット・ジャクソン、レニー・クラヴィッツ、カイリー・ミノーグ、KORN、ジェニファー・ロペス、マイリー・サイラスなど多くのアーティストのリミックスを手掛け、全120曲でビルボード1位を獲得している。

なお、エルヴィス・プレスリー、ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、ジャクソン5などが出演したアメリカのテレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」でのダイアナ・ロス&シュープリームスのパフォーマンス映像がYouTubeで公開されている。

Diana Ross & The Supremes “Love Child” on The Ed Sullivan Show

The Temptations and Diana Ross & The Supremes “Hits Medley” on The Ed Sullivan Show

◆ 作品情報

ダイアナ・ロス『スーパートニック:ザ・リミックス』
Diana Ross / Supertonic: Mixes

● 品番:UICY-15872
● 価格:2,500円+税

【トラックリスト】

1. アイム・カミング・アウト / アップサイド・ダウン  I’m Coming Out / Upside Down

  「アイム・カミング・アウト」全米5位

  「アップサイド・ダウン」全米1位(1980年) / 第23回グラミー賞「最優秀女性 R&Bヴォーカル・パフォーマンス」ノミネート

2. ラヴ・ハングオーヴァー  Love Hangover

全米1位(1976年)/ 第19回グラミー賞「最優秀女性R&Bヴォーカル・パフォーマンス」ノミネート

3. ザ・ボス  The Boss

全米19位、ダンス・チャート1位(1979年)

4. サレンダー  Surrender

全米38位(1971年)

5. エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ  Ain’t No Mountain High Enough

全米1位(1970年) / 第13回グラミー賞「最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス」ノミネート

6. 愛の戦い  No One Gets The Prize

7. イッツ・マイ・ハウス  It’s My House

8. タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング  Touch Me in the Morning

全米1位(1973年) / 第16回グラミー賞「最優秀女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス」ノミネート

9. リメンバー・ミー  Remember Me

全米16位(1971年)

※各曲のグラミー賞ノミネートとビルボード・チャートは、オリジナル・ヴァージョン

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン