洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

アンドラ・デイ、ビリー・ホリデイの映画サウンドトラックから「Tigress & Tweed」を公開

ANDRA DAY


(情報提供: WARNER MUSIC JAPAN)

音楽界の生きる伝説スティーヴィー・ワンダーに見出され一躍話題になり、グラミー賞でもノミネートされ音楽界に深く浸透していることを証明した、シンガー・ソングライター、活動家、女優のアンドラ・デイ(Andra Day)。女性ジャズ・ヴォーカリストの御三家のひとりに数えられるアメリカのジャズ・シンガー、ビリー・ホリデイの伝記映画『The United States vs. Billie Holiday』のビリーを演じることが決まっている彼女だが、このサウンドトラックに収録された新曲「Tigress & Tweed」をリリースした。

icon-youtube-play「Tigress & Tweed」 Official Audio

『プレシャス』、『大統領の執事の涙』など、数々の名作に携わってきたリー・ダニエルズが監督を務めた同映画のサウンドトラックは、アンドラ・デイがカバーしたビリー・ホリデイの曲を含む、濃厚な楽曲群で構成。

先日、アンドラ・デイはビリー・ホリデイによる「All of Me」の情熱に満ちたカバーを公開しており、同カバー曲の映像には、「彼女(ビリー)にそっくりで鳥肌が立ちっぱなしだ」、「聴いていると、まるでその時代にタイムスリップしたみたい」、「世界で最も実力のある歌手の一人」など、世界中から称賛の声が殺到した。

2月26日からHuluにて配信予定の『The United States vs. Billie Holiday』は、アメリカ連邦政府の麻薬取締局から標的にされるなど理不尽な経験を強いられ、挙げ句の果て自暴自棄になり不法行為に手を染めた、
壮絶な人生の大きな流れのなかで揺れ惑った80年前のビリー・ホリデイの姿を描く。

さらに、批評家協会(CCA)主催の第3回Celebration of Black Cinema祭で表彰を迎えるアンドラ・デイは、先日『V Magazine』の表紙を飾っただけでなく、『Variety』誌の「2021年度アカデミー主演女優賞予想一覧」に取り上げられるなど、批評家の絶賛を浴びており、映画『The United States vs. Billie Holiday』は、『TIME』誌の「2021年最も期待される映画」の1つに選ばれている。

◆ シングル情報

アンドラ・デイ / Andra Day
「タイグレス&ツイード / Tigress & Tweed」

https://Japan.lnk.to/AD_TTPu

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン