[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Wiki

Ingrid Ellen Michaelson イングリッド・エレン・マイケルソン - ARTIST WIKI –

Ingrid Ellen Michaelson


Ingrid Ellen Michaelson

COVFEFE…a confusing new fragrance by Ingrid Michaelson.

Ingrid Michaelsonさん(@ingridmichaelson)がシェアした投稿 –

イングリッドマイケルソンは1979年12月8日生まれ。現在36歳のアメリカのシンガーソングライター。彼女の最初のアルバム”Slow the Rain”が2005年にリリースして以来、通算6枚のアルバムをリリースしている。ビルボードにシングルの”The Way I Am”は37位、 “Girls Chase Boys”で52位を記録している。

マイケルソンはスウェーデンとのハーフで芸術家の親を持つ。父親は作曲家で母親は彫刻家。母親はドイツ系。マイケルソンは4歳からピアノをはじめ、7歳まで音楽学校で訓練を積んだ。そこに滞在しているとき、エリザベスマックラフという先生に出会い、高校までその先生と共にする。彼女は Staten Island 音楽専門高校を卒業しビンガムトン大学で演劇の学位を取得した。ビンガムトン大学では彼女はアカペラグループに所属した。またコメディグループにも所属していた。彼女の大学生活は”the hat”という曲で歌われている。”kids on stage”というミュージカルグループを通じて彼女は成長していく。彼女は音楽としてやっていくと決めるまでディレクターをした。

2006年、マイケルソンはセカンドアルバムを自主出版する。そのアルバムはMyspaceにて扱われた。それを音楽プロデューサーのグレイアナトミーが見つける。連絡を取り合うようになると、複数のレコード会社からアプローチを受ける。一人の独立したアーティストとしての権利を全て彼女が保持するというOriginal Signalレコードと契約した。それはマーケティングや物流部門に関してはマイケルソンのレーベルが受け持つということになる。それを条件にマイケルソンは2007年にセカンドアルバムを再リリースする。その作品はビルボードで一時63位を記録し、多くの批評家から賛辞を獲得した。さらにそのセカンドアルバムから”the way I am”がオールドネイビーのコマーシャルソングに起用され注目される。そのCMはゴールデンタイムに少なくとも3週間は放送され、65回以上流された。

2008年にはサードアルバムであり初のコンピレーションアルバムを発売。このアルバムの中の”Be OK”がいくつかの番組やコマーシャルで使用され多くの露出のおかげで大きな反響を呼んだ。

2009年には4枚目のアルバムをリリース。最高18位を記録。リードトラックの”Maybe”がいくつかのテレビで使われる。彼女のシドニーのメトロシアターでのライブはmoshcamというアプリで配信された。

2010年、”Parachute”というシングルを配信限定で発表。これは彼女が書いた曲だが、シェリルコールという歌手に提供し”3 words”というアルバムに収録されているものだった。

2012年には4枚目のアルバム”Human Again”をリリースし最高5位を記録した。斬新な音楽だと評価された。このアルバムに伴うツアーはほぼ完売、その後さらにもう3つのツアー行程をくみ、1つ目は4月と5月、2つ目は6月から9月まで北アメリカを周った。秋ツアーは9月に始まりオーストラリアなど世界中を回った。

2014年2月4日、ニューアルバム”Lights Out”から”Girls chase Boys”をシングルカット。そして同年4月25日、14曲入りのアルバム”Lights Out”を発売した。

CC

このページは、「ウィキペディア – Wikipedia 」より作成しました。なお、原文を一部改変しています。
https://en.wikipedia.org/wiki/Ingrid_Michaelson

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です