洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

アヴィーチ-Avicii特集その2

アヴィーチ-Avicii特集その2


アヴィーチ-Avicii特集その2

日本時間の4月21日、土曜日の朝、世界中の音楽ファンに衝撃が走るニュースが届いた。
世界的DJ、アヴィーチーが、滞在先のオマーンで亡くなったというニュースだった。
まだ28歳という若さ。(死因は4月23日現在で、明らかになっていない。)
以前から体調面が不安定で、度々来日公演が延期になっていたのも記憶に新しい。
その体調面を考慮して、2016年をもってDJ活動からの引退を発表していただけに、
彼の死、というのは全くもって唐突。多くの音楽ファンが衝撃を受けたのでは
ないだろうか。

アヴィーチーは、スウェーデン出身のDJ、プロデューサーで、
本名はティム・バークリング。キャリアをスタートさせたのが18歳。
たった10年間という短い期間で、世界中を熱狂させたアーティストが一人、
この世を去った。

今回は、追悼の意を込めて、彼の楽曲を振り返ってみたいと思う。

icon-angle-double-right Wake Me Up

icon-youtube-play Avicii icon-music Wake Me Up

 2013年にリリースされた、彼のデビューアルバム「True」からの先行シングル。
 印象的なギターのイントロで始まるこの楽曲のヴォーカルには、ソウルシンガーの
 アロー・ブラックをフィーチャーしている。
 この曲のMVは、YouTube上でなんと15億回以上の再生回数を記録している。

icon-angle-double-right Sunshine

icon-youtube-play David Guetta icon-music Sunshine (feat. Avicii)

 2011年にリリースされたシングルで、デヴィッド・ゲッタと
 コラボレーションしたナンバー。
 この曲は、第54回グラミー賞で最優秀ダンスレコーディングにノミネートされた。
 デヴィッド・ゲッタはツイッターで「私たちは美しい心を持った友人を失い、世界は素
晴らしい才能を持ったミュージシャンを失った。君の素晴らしいメロディ、スタジオで
一緒に過ごした時間、DJとして一緒にプレイしたり友人として楽しんでくれたことに
感謝を贈るよ。RIP @Avicii」 
 と追悼のメッセージを送った。

icon-angle-double-right Superlove

icon-youtube-play Avicii vs Lenny Kravitz icon-music Superlove

 2012年にリリース。もともとはレニーのアルバム「Black and White America」に
 収録されていた、レニーのオリジナル。
 アヴィーチーの手によって見事なハウス・ナンバーに生まれ変わっている。

icon-angle-double-right Waiting For Love

icon-youtube-play Avicii icon-music Waiting For Love

 2015年にリリース。こちらは今年の5月14日に22歳のバースデーを迎える
 新進気鋭のオランダのDJ、マーティン・ギャリックスとコラボした1曲。
 マーティンもツイッターでアヴィーチートの写真とともに、メッセージを発信している。
 「今は、この悲しみを言葉に表現することができない。僕や世界中の人たちを
 感動させくれてありががとう。安らかに。」

icon-angle-double-right Without You

icon-youtube-play Avicii icon-music Without You ft. Sandro Cavazza

 事実上の遺作となってしまった、2017年リリースのEP「Avici(01)」からの1曲。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です