[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Genre Radio

Twerkingソング ~ダンスミュージック特集~

Twerkingソング ~ダンスミュージック特集~


Twerkingソング ~ダンスミュージック特集~

Twerkingは、
1980年代後半にアメリカ南部、
ニューオーリンズで流行したサウスヒップホップ・バウンスサウンドで始まったダンスムーブメントです。
挑発的な見せ方で、尻を振り回したり、尻を振ったりします。

“twerking”という言葉は、1993年にDJ Jubileeの
”Do the Jubilee All”で初めて歌われました。

DJ Jubileeはルイジアナ州・ニューオーリンズ出身のDJ・ラッパーです。
DJ Jubileeは1980年代にプロジェクト、日本でいうところの団地でブロックパーティのDJとして活躍していました。

~Twerkingの始まり、ブロックパーティから~

PVを見ると、このころから振っています、
マーチングバンドの振り付けでも、男性が腰を振っている動作をしていますので、
学生のころからなじんでいる動きのようです。

ちなみにHIPHOPのアーティストは学生時代にマーチングをやっていることが多く、
アウトキャストも学生時代にやっていたそうです。
グラミーのパフォーマンスでも、マーチングバンドを登場させていました。

icon-angle-double-right Twerkingのメジャー化、ディーバヒットソングから

icon-youtube-play Destiny’s Child icon-music Jumpin’, Jumpin’

Twerkingは2000年になると、Destiny’s Childの”Jumpin’, Jumpin’”にも登場し、
アーティストイメージもあるのかPVでは控えめに振っていますが、
揺れるカメラワークはTwerkingの動きを踏襲しています。
”Jumpin’, Jumpin’”はラジオのエアプレイチャートで一位を記録し、
この曲が収録されているアルバム”The Writing’s on Wall”は全世界で900万枚を超える売り上げを記録しました。
Twerkingがアメリカで市民権を得た時期にもなります。

2013年3月、アメリカのポップ歌手Miley Cyrusは、
Facebookのビデオにて、コスプレしながらツァーキングのダンスを踊り、
このビデオで使われた、J. Dash の”Wop”はチャートで再ヒットを迎えました。
一か月間でYOUTUBEでフォロー動画は400万回以上の再生を行いました。

icon-angle-double-right インターネットでのTwerking、YOUTUBE・ソーシャルメディアでのバズ

icon-youtube-play J. Dash ft. Flo Rida icon-music WOP

このPVでは男性陣と、女性陣が向かい合ってダンスを見せ合う、
古くはウェストサイドストーリーのミュージカルスタイル、
最近だとジャスティンビーバーのベイビーのPVでも使われている見せ方です。

icon-angle-double-right DJ Kygo

icon-youtube-play Nicki Minaj icon-music Anaconda

このムーブメントはダンスホールレゲエにでも、
Wale Ft. Nicki Minaj & Juicy Jの”Clappers”、
Big Seanの”Dance (A$$) Remix” ft. Nicki Minaj、
Busta Rhymesの”#TWERKIT” ft. Nicki Minaj、
と連続でNicki Minajがフューチャリングされています。
ニッキーミナージュはヤング・マネー・エンターテインメントのディーバなので、
リル・ウェイン率いるヤング・マネーはニューオリンズのレーベルですから、
Twerkingの元祖ともいえる地域のアーティスになります。
ニッキーミナージュ自身は、ニューヨーク出身なんですがね。

~昨今のTwerking曲、アメリカ VS ルーマニア ~

icon-angle-double-right アメリカ

icon-youtube-play N.E.R.D & Rihanna icon-music Lemon

黒人系、ダンサーディーバと言えばリアーナかビヨンセですが、
ファレル率いるNERDが手掛けているのが2017年リリースのLEMONになります。
この曲のダンサーはMette Towley(マト・タリー)でして、ファレル・ウィリアムスのバックダンサーになります。
ファレルの日本ツアーでも、ダンサーはを披露していました。
アメリカ特有の強い女性像を意識しているダンスになります、
ビヨンセが得意としているアーティスト像になります。
力強い、男性に媚びることのないTwerkingを見ることができます

icon-angle-double-right ルーマニア

icon-youtube-play Alexandra Stan icon-music Boom Pow

Alexandra Stanと言えば、デビューシングル”Mr. Saxobeat”がクラブでメガヒットし、
その後も”DANCE”等でセクシーなダンスを売りにしているアーティストですが、
昨今ではTwerkingライクな曲もリリースしています。
この曲はルーマニアアで67位とチャート的には振るわなかったのですが、
ヨーロッパ圏でのTwerkingを意識した曲になります。
Twerkingはまだまだアメリカのほうが先行しているダンスジャンルになります。

本人以外のダンサー映像で、この曲にクールなTwerkingを披露しているビデオを見ることはできます。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です