洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Genre Radio

サーフロック特集

サーフロック特集


<特集 – サーフロック>
春が終われば今年もやってくる夏。
夏にぴったりなサーフロックを特集。

icon-angle-double-right リチャード・アンソニー・モンスール

icon-youtube-play MISIRLOU icon-music  DICK DALE

ボストン出身のギタリスト。本名はリチャード・アンソニー・モンスール。サーフ・ロックの先駆者として知られているが、3月16日、惜しくもこの世を去った。
もともと左利きで、右利き用のギターを逆に持って演奏するという、日本では松崎しげるさんなどもこのスタイルを採用している。
1962年に発表した「ミザルー」が大ヒットした。この曲は映画「パルプ・フィクション」で使用されたり、ザ・ブラック・アイド・ピーズが「Pump It」でサンプリングするなど、後年にも再度注目されている。

icon-angle-double-right ジャック・ジョンソン

icon-youtube-play BETTER TOGETHER icon-music JACK JOHNSON

ハワイ出身のシンガー・ソングライター。ミュージシャンとしてのプロキャリアよりは、サーファーとしてのキャリアが先で、高校生の頃にはプロ契約するまでになっていたが、サーフィン中に大怪我をしてしまい、クリエイティブな分野へとシフトした。
注目されるきっかけとなったのは、サーフ・フィルムを制作した際のBGMで、ジャック・ジョンソン自身が作ったものだった。まさにサーフィン+ロックを地でいくアーティストの1人。
この曲は2006年にリリースされた、彼の代表曲のひとつ。

icon-angle-double-right ファーストアルバムからの1曲

icon-youtube-play COLD BEVERAGE icon-music G.LOVE & SPECIAL SAUCE

そんなジャック・ジョンソンを見出したのが、G.LOVEだ。カメラマンの紹介で知り合ったジャック・ジョンソンの音楽の才能にいち早く着目し、自分のアルバムにジャック・ジョンソンの楽曲を収録するなど、ミュージシャンとしてのジャックを後押しした。
そんなG.LOVEは、G.LOVE 6 SPECIAL SAUCEとしても活動しており、「COLD BEVERAGE」は1994年のファーストアルバムからの1曲。

icon-angle-double-right マット・コスタ

icon-youtube-play SUNSHINE icon-music MATT COSTA

G.LOVEに見出されたジャック・ジョンソンが認めたのが、このマット・コスタ。南カリフォルニア出身で、ジャックに見出され、ジャックのレーベル「ブラッシュファイア」からデビュー。これまでもジャック・ジョンソンと一緒に来日したりもしているので、その名前や音を聞いたことがあるという方もいるだろう。マット・コスタは、彼とバンドがアメリカ中西部をツアーで回っている時に、竜巻の中を運転していることに気がつかなかったり、テキーラを飲みすぎて、バルコニーから落ちるなど、なかなか破天荒な一面も持っている。

icon-angle-double-right 3ピースバンド

icon-youtube-play WAIKIKI icon-music DUKE OF SURF


ハワイ、ホノルルをベースに活動している3ピースバンド。3人のメンバーはそれぞれハワイ、フロリダ、カリフォルニアというそれぞれのビーチ・タウンで生まれ育った。ハワイのビーチ・ボーイズ、とも言われている。
リーダーでボーカルのJPは、東方神起、超新星、三浦大知といったアーティストにも楽曲提供をするなど、日本にも縁のあるミュージシャンだ。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です