[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

ウィル・スミス主演最新作『ブライト』サウンドトラックが12月13日よりデジタルオンリーで配信決定

BRIGHT


ウィル・スミス主演によるアクション超大作映画『ブライト』が、12月22日(金)より世界最大級のオンラインストリーミングサービスを提供するNetflixより全世界同時オンラインストリーミングとなる。ファンタジーとハードなアクションが絶妙にマッチしたこの超注目作のサウンドトラックが、12月13日にデジタルオンリーでの配信が決定。合わせて先行楽曲の配信とアルバムのプレオーダーがスタートした。

(情報提供: WARNER MUSIC JAPAN)

ウィル・スミス主演最新作『ブライト』サウンドトラックが12月13日よりデジタルオンリーで配信決定

映画『ブライト』は人間と様々な種族が共存している“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台となっているスリリングなスペクタクルアクション大作。ウィル・スミス演じる人間の警察官とジョエル・エドガートン演じる怪物オークが、謎の少女と「魔法の杖(マジック・ワンド)」に出会った事で地球の運命をも左右する大きな事件に巻き込まれていくといったストーリー。監督にはウィル・スミス主演の大ヒット映画『スーサイド・スクワッド』など、リアルなアクションに定評のあるデヴィッド・エアー監督を迎えている。

このサウンドトラック『ブライト:ザ・アルバム』は、グラミー賞にノミネートされた映画『スーサイド・スクワッド』のチームが再び集結。デヴィッド・エアー監督とアトランティック、そしてNetflixとのコラボで実現した、豪華なサウンドトラックとなった。

HIP HOPシーンのスーパースター、タイ・ダラー・サインと話題のラッパー、フューチャーによるコラボ曲や、全米1位を獲得したHIPHOP最前線の最先端に立つ男、リル・ウージー・ヴァートとスティーヴ・アオキのコラボ曲、若手注目株の筆頭、マシン・ガン・ケリー、X・アンバサダーズ、美人女性シンガー、ビービー・レクサによるコラボ曲をはじめ、ソロ・デビューを果たしたばかりのカミラ・カベロ、ラッパー・トリオ、ミーゴス、人気覆面DJマシュメロ、ビルボード・チャートを賑わすポルトガル・ザ・マン、UK出身ロック・バンド、バスティルなど、気鋭のアーティストが総勢25組も集結している。

先日バスティルによる「World Gone Mad」、そしてタイ・ダラー・サインとフューチャー、キアーラによる「Darkside」が先行で公開された。この後もリリースに向けて楽曲が徐々に解禁され、アルバムの全曲配信、そして映画の公開を迎える事となる。

映画の予告編では映像によって毎回違う曲が使われており、映画のみならずサウンドトラックにも注目が集まっているこの取り組みについて、アトランティック・レコードのグラミー賞受賞経験のあるプロデューサー、ケヴィン・ウェイバー、そして映画の監督であるデヴィッド・エアー氏はこう話している。

「デヴィッド・エアー監督は音楽が映画にもたらす価値を理解しているんだ。そして彼と一緒に働くことで、『ブライト』の世界に相応しいサウンドトラックを作り上げる事ができた。Netflixはこれらの新しい曲を全てのマーケティング資料に取り入れ、今までになかった方法で『ブライト』のDNAに音楽を取りこんだんだ。彼らと新しい道を開拓している事にとても興奮しているよ」 – ケヴィン・ウェイバー(Atlantic Records President, West Coast)

「物語の語り手や映画製作者として、私は最高に音楽の味方さ。正しい曲、適切なビート、そしてムードにマッチした音楽は、魔法のようにシーンを壮大なものにしてくれる。ケヴィン、そしてアトランティック・レコードと密に協力し、『スーサイド・スクワッド』のサウンドトラックを大成功させる事ができ、今回私たちは『ブライト』で再びチームを組もうと決心した。ケヴィンと再び仕事するのはとても楽しいことだったよ。彼は今の音楽市場と急速に進化しているテクノロジーを理解しているだけでなく、才能あるソングライターやパフォーマーとの関係から音楽を作り出すっていう、オールド・スクールなやり方もキープしているんだ。この関係性が私たちに美しいサウンドトラックをもたらしてくれた。Netflixとアトランティックとのコラボで新境地を開拓していくことはとても楽しかったよ。サウンドトラック作りと同時に、マーケティング・キャンペーンを構築しながら映画のために音楽を作るという、誰もやってこなかったことを、私たちはやったんだ」 – デヴィッド・エアー監督

12月13日配信となるサウンドトラック『ブライト:ザ・アルバム』は、iTunesでプレオーダー(予約)が可能。プレオーダー手続きが完了すると先行で発表となったバスティルによる「World Gone Mad」と、タイ・ダラー・サインとフューチャーが、女性シンガー、キアーラをゲストに迎えた「Darkside」の2曲がダウンロード可能になっている。

◆ Bright: The Album

icon-external-link https://itunes.apple.com/jp/album/bright-the-album/1308316758?app=itunes&at=10l6Y8

「World Gone Mad」はミュージック・ビデオも公開に。映画の未公開シーンも使われている。

icon-youtube-play Bastille – World Gone Mad (from Bright: The Album) [Official Music Video]

Netflixオリジナル映画『ブライト』は12月22日(金)より全世界同時オンラインストリーミングとなる。

◆ リリース情報

『ブライト:ザ・アルバム / BRIGHT: THE ALBUM』
2017年12月13日 配信スタート

1. Logic & Rag’n’Bone Man “Broken People”
2. Bastille “World Gone Mad”
3. Machine Gun Kelly, X Ambassadors & Bebe Rexha “Home”
4. Camila Cabello & Grey “Crown”
5. Ty Dolla $ign & Future (feat. Kiiara) “Darkside”
6. Migos & Marshmello “Danger”
7. Meek Mill, YG & Snoop Dogg “That’s My N****”
8. Steve Aoki & Lil Uzi Vert “Smoke My Dope”
9. A$AP Rocky & Tom Morello “FTW (F**k The World)”
10. Portugal. The Man “Cheer Up”
11. alt-J “Hares On The Mountain”
12. DRAM & Neil Young “Campfire”
13. Sam Hunt “This Land Is Your Land”

◆ 映画情報

ウィル・スミス主演、Netflix オリジナル映画『ブライト』
2017年12月22日(金) オンラインストリーミング開始

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です