[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Celeb News Feature

ポール・マッカートニー、カタログ・リイシューが5月18日に発売決定

Paul McCartney


ポール・マッカートニーの2018年度カタログ・リイシュー4作品が、MPL/Capitol(日本はユニバーサル ミュージック)よりを5月18日にリリースされることが発表された。今回リリースされる作品は「NEW」、「ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード」、「ウイングス・グレイテスト・ヒッツ」、「スリリントン」の4作品で、それぞれCD(輸入盤はデジパック、日本盤のみ初の紙ジャケット仕様)と180g盤LP(黒盤)、そしてUNIVERSAL MUSIC STORE限定でカラー・ヴァイナルLPの3形態での発売となる。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ポール・マッカートニー、カタログ・リイシューが5月18日に発売決定

「NEW」と「ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード」のアナログ盤LPが発売されるのはオリジナル盤発売以来初となる。それぞれ180g重量盤でカラー・ヴァイナルも登場。12×12インチのインサートとダウンロード・カードが封入される。

「ウイングス・グレイテスト・ヒッツ」は、180g重量盤の青色のカラー・ヴィニールLPが限定盤として登場する。またLPには20×30インチのポスターとダウンロード・カードが封入。

そして、1971年にレコーディングされたが、1977年になってやっと発売された「スリリントン」はマッカートニーの名高いディスコグラフィの中でも異彩を放つ作品のひとつ。このアルバムは、パーシー“スリルズ”スリリントンという偽名のクレジットで発売。アルバムの内容はポールとリンダ・マッカートニーが自らの作品の「ラム」をインストゥメンタル/ジャズ・ヴァージョンとして再構築した作品となっている。2018年度のリイシューでは、1977年の発売以来コレクターたちの間で希少盤となり、高値がついているこの「スリリントン」がオリジナル発売以来初となるヴィニール盤で復活。この作品でもダウンロード・カードが封入された180g重量盤の赤と黒のマーブルのカラー・ヴィニールLPが限定盤として登場する。

◆ リリース情報

ポール・マッカートニー 2018年カタログ・リイシュー
● 発売日 : 2018年5月18日
● 発売形態 : 国内盤CD(初の紙ジャケット仕様) / 輸入盤CD(デジパック) / LP(黒盤) /
          LP(カラー・ヴィニール) *UNIVERSAL MUSIC STORE限定発売
● 発売4タイトル :
1. パーシー“スリルズ”スリリントン『スリリントン』 (1977年発売)
2. ウイングス『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』(1978年発売)
3. ポール・マッカートニー『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造』(2005年発売)
4. ポール・マッカートニー『NEW』 (2013年発売)

●仕様/価格
①CD
日本盤のみ初の紙ジャケット仕様(輸入盤はデジパック仕様)
英国初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様(*3,4はEU初回盤)
日本初回盤CD帯を可能な限りミニチュア再現した帯(*1のみ)
日本初回盤LP帯を可能な限りミニチュア再現した巻き帯(*2のみ)
解説/歌詞・対訳付
SHM-CD仕様/完全生産限定盤
価格:各2,667円+税

②LP
180g重量盤LP
直輸入盤仕様
日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯(*1のみ)
日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付(*2のみ)
解説/歌詞・対訳付
完全生産限定盤
価格:各4,000円+税

③カラーLP *全タイトル 初発売
UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤
180g重量盤LP
直輸入盤仕様
日本初回盤CD帯の意匠を再現した巻き帯(*1のみ)
日本初回盤LP帯を可能な限り再現した巻き帯付(*2のみ)
解説/歌詞・対訳付
完全生産限定盤
価格:各4,500円+税

●各発売タイトル詳細
〇パーシー“スリルズ”スリリントン『スリリントン』
Percy ‘Thrills’ Thrillington “Thrillington”

1977年発表。
ポールがパーシー“スリルズ”スリリントンの変名名義で発売したタイトルで、1971年発表のアルバム
『ラム』をオーケストラ演奏でカヴァーしたもの。アルバムのデザインをヒプノシスが担当。リマスター音源
1. トゥ・メニー・ピープル
2. 3本足
3. ラム・オン
4. ディア・ボーイ
5. アンクル・アルバート~ハルセイ提督
6. スマイル・アウェイ
7. 故郷のこころ
8. モンクベリー・ムーン・デライト
9. 出ておいでよ、お嬢さん
10. ロング・ヘアード・レディ
11. ラム・オン
12. バック・シート

〇ウイングス『ウイングス・グレイテスト・ヒッツ』(
Wings “Wings Greatest”
1978年発表。
『ロンドン・タウン』までのウイングスのヒット曲を中心に、2曲のソロ名義を加えた、ベスト・アルバム。全英チャート5位を記録。リマスター音源

1. アナザー・デイ
2. 心のラヴ・ソング
3. 007/死ぬのは奴らだ
4. ジュニアズ・ファーム
5. しあわせの予感
6. バンド・オン・ザ・ラン
7. アンクル・アルバート~ハルセイ提督
8. ハイ・ハイ・ハイ
9. 幸せのノック
10. マイ・ラヴ
11. ジェット
12. 夢の旅人

〇ポール・マッカートニー『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード~裏庭の混沌と創造』
Paul McCartney ”Chaos And Creation In The Backyard”

2005年発表。
『マッカートニー』、『マッカートニーII』と同様、全ての楽器をポール1人で演奏するコンセプトで制作された作品。「ファイン・ライン」「ジェニー・レン」ほか収録。全米6位、全英10位を記録。
1. ファイン・ライン
2. ハウ・カインド・オブ・ユー
3. ジェニー・レン
4. アット・ザ・マーシー
5. フレンズ・トゥ・ゴー
6. イングリッシュ・ティー
7. トゥー・マッチ・レイン
8. ア・サートゥン・ソフトネス
9. ライディング・トゥ・ヴァニティ・フェア
10. フォロウ・ミー
11. プロミス・トゥ・ユー・ガール
12. ディス・ネヴァー・ハプンド・ビフォア
13. エニウェイ

〇ポール・マッカートニー『NEW』
Paul McCartney “NEW”
2013年発表。2007年発表の『追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル』以来となるスタジオ・アルバム。シングル「NEW」「クイーニー・アイ」ほか収録。全英3位、全米3位を記録。

1. セイヴ・アス
2. アリゲイター
3. オン・マイ・ウェイ・トゥ・ワーク
4. クイーニー・アイ
5. アーリー・デイズ
6. NEW
7. アプリシエイト
8. エヴリバディ・アウト・ゼアー
9. ホザンナ
10. アイ・キャン・ベット
11. ルッキング・アット・ハー
12. ロード

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です