洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

女性版ピクシーズ/ダイナソーJr./リバティーンズと評されるディリー・ダリー、3年ぶりの新作を完成

Dilly Dally


女性版ピクシーズ/ダイナソーJr./リバティーンズと評されるカナダはトロント発の4人組グランジ・バンド、ディリー・ダリーが衝撃のデビューから3年を経てセカンド・アルバムを完成させた。

(情報提供:HOSTESS ENTERTAINMENT)

女性版ピクシーズ/ダイナソーJr./リバティーンズと評されるディリー・ダリー、3年ぶりの新作を完成

バンドの中心人物であるケイティとリズの2人の幼馴染が、カート・コバーン(ニルヴァーナ)やクリストファー・オウエンス(ガールズ)、ピート・ドハーティ(ザ・リバティーンズ、ベイビーシャンブルズ)のファンだったことから、このバンドにもそのオルタナ・サウンドの影響が色濃く感じられる。さらに、コートニー・ラブ x ヤー・ヤー・ヤーズのカレンOと評されるケイティのダミ声シャウトとキュートボイスが特徴的で、2015年にリリースしたデビュー・アルバム『ソア』はPITCHFORKで8.0点を獲得し、話題をよんだ。

あれから3年の月日が流れ、ついに彼女たちが再始動。
新作『ヘヴン』を海外にて9月14日(金)にリリースすることが決定したのだ。今作のプロデュースを手掛けたのはロブ・シュナップ(ベック、エリオット・スミス)、地元トロントにてレコーディング。早速新曲「I Feel Free」のミュージック・ビデオが公開となっている。

「I Feel Free」

ビデオの監督を手がけたフロントウーマンのケイティは、楽曲について次のように話す。「この曲では、わたしがバンドメンバーに重荷になっているものを全て下ろしてってお願いしているの。過去が夢を追うことの妨げになんてさせないわ、という内容よ」。さらに彼女はアルバムについてもこうコメントしている。「このアルバムは、もしも私たち(バンド)が死んで天国に行ったら作るであろう作品のように感じているわ」。

デビュー・アルバム『ソア』をリリースした後、過酷なツアーで燃え尽きてしまったバンドは活動休止を検討した時期があった。しかし代わりに、彼女たちは力強く、前向きに、希望と美しさを追求するためにこのダークで疑いに満ちた世界に戻ってくる決心をした。まさに復活を遂げる作品、それが今作『ヘヴン』なのである。

そんなディリー・ダリーはこの夏、長期の北米ツアーが決定している。年末まで続く本ツアーの一部日程には、LAの破天荒ガレージ・パンク・バンド、フィドラーも参加することから、大いに盛り上がることが予想される。近い将来、ここ日本でも生ディリー・ダリーにお目にかかれる日がくることを祈るばかりだ。

◆ リリース情報
アーティスト名: Dilly Dally (ディリー・ダリー)
タイトル: Heaven (ヘヴン)
海外発売日: 2018年9月14日(金)
レーベル:Partisan Records / Hostess Entertainment

女性版ピクシーズ/ダイナソーJr./リバティーンズと評されるディリー・ダリー、3年ぶりの新作を完成

<トラックリスト>
1. I Feel Free
2. Doom
3. Believe
4. Sober Motel
5. Sorry Ur Mad
6. Marijuana
7. Pretty Cold
8. Bad Biology
9. Heaven

※新曲「I Feel Free」配信中&アルバム予約受付中
リンク: http://smarturl.it/an5hrr

■ショート・バイオ
カナダはトロントで活動する4人組。中心人物のケイティとリズは小さい頃からの友達で、彼女たちにとってのカート・コバーン(ニルヴァーナ)やクリストファー・オウエンス(ガールズ)、ピート・ドハーティ(ザ・リバティーンズ、ベイビーシャンブルズ)らがアイドルだったことから、このバンドにもその影響が色濃く感じられる。ピクシーズやホール、ブリーダーズ、ダイナソーJr.などを彷彿とさせながらも、メッツやクラウド・ナッシングスなんかとも通じるモダンな要素も感じさせる。オルタナイズされたギター・リフやソロ、一度聴いたら忘れられないしゃがれたヴォーカルは、ピート・ドハーティやヤー・ヤー・ヤーズのカレンOなどを思い起こさせる。2015年にリリースしたデビュー・アルバム『ソア』はPITCHFORKで8.0点を獲得。2018年9月、セカンド・アルバム『ヘヴン』をリリースすることが決定した。 

メンバーはケイティ・モンクス(ギター/ヴォーカル)、リズ・ボール(ギター)、ベンジャミン・ライナルツ(ドラム)、ジミー・トニー(ベース) 

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です