洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

スリップノット、4年ぶりの新曲「オール・アウト・ライフ」を公開

Slipknot


国や世代、ジャンルを超えて絶大な人気を誇る究極の怪物、スリップノット(Slipknot)。
絶対的存在感でシーンに君臨する彼らが、2014年にリリースした『.5:The Gray Chapter / .5:ザ・グレイ・チャプター』以来、約4年ぶりとなる新曲「All Out Life / オール・アウト・ライフ」を急遽解禁した。

(情報提供:WARNER MUSIC JAPAN)

スリップノット、4年ぶりの新曲「オール・アウト・ライフ」を公開

彼らのキャリアを映し出したような、スピード感、 躍動感、重量感が溢れるこの新曲は、バンドのメンバーであるショーン・(クラウン)・クラハンがディレクターを務めたオフィシャル・ミュージック・ビデオも合わせて公開になった。お揃いの純白のジャンプスーツとスカルのマスクを身につけた群衆がエネルギーを爆発させていく様は圧巻だ。

All Out Life [OFFICIAL MUSIC VIDEO]

メンバーのコリー・テイラーは今回の新曲について次のように話している。

「“オール・アウト・ライフ”を通して俺らは2つの事がしたいんだ。みんなを団結させて、言い聞かせたい。過去を軽視し、捨て去ってはいけないということを。人達は常に新しい何かを切望する。新しい何かに夢中になりすぎて、過去を飾ったバンドやアーティストを卑しめながら、その過去をまるで使い捨てのように、汚れたもののように扱うんだ。くそ食らえだ。素晴らしい過去に敬意を表す事さえ出来ないお前らの平凡な未来に、なぜ俺らが気にしなきゃいけないんだ?俺なら見せかけの失敗作より、異論の余地がないヒット曲を聴く。“オール・アウト・ライフ”はそう言うことを気付かせる曲なんだ。音楽において日付や新しい古いなんか重要じゃない。重要なのは、時が経っても、いつまでも人々の耳に届くことだと」

今回の新曲「オール・アウト・ライフ」を通して彼らは音楽界の痛々しい現状を突きつける。音楽や文化がますます均質化し、創造性がどんどん失われていく今の時代に放つこのメッセージは一層引き立つに違いない。

また、ミュージック・ビデオのディレクターを務めたクラウンは、
「今はスリップノットにとって、途轍もなくエキサイティングな時期なんだ。俺らはこの2年間、新しい作品の制作に取り組んできた。“オール・アウト・ライフ”の曲、そしてミュージック・ビデオは、俺らがこの2年間準備したものの氷山の一角に過ぎない。次なる作品をみんなに公開できるのは嬉しいね。期待してもいいぜ。みんな、かかってこいよ!」とコメントしている。

スリップノットは2019年8月10日に、彼らの故郷であるアイオワ州で行われる一大イベントに出演すると発表。また、夏に彼らはイギリスのダウンロード・フェスティバルを始め、ヨーロッパの主要フェスティバルへのヘッドラインとしてメインステージに立つことも発表している。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です