洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

スティーヴ・アオキ、5枚目となる最新アルバムを11月14日にリリース

Steve Aoki


世界最大のダンス・レーベル<ULTRA MUSIC>を代表するトップDJ/プロデューサー、スティーヴ・アオキ(Steve Aoki)の通算5作目となる最新アルバム『ネオン・フューチャー Part.3』の国内盤CDが11月14日(水)にリリースされる (配信アルバムは本日11月9日にリリース)。

(情報提供:UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

スティーヴ・アオキ、5枚目となる最新アルバムを11月14日にリリース

一般ユーザーからの投票によってトップDJを決める「America’s Best DJ 2015」でNo.1を獲得し、米『フォーブス』誌が毎年発表する「世界DJ長者番付」では3年連続トップ5にランクイン、そして英人気クラブ/DJ雑誌『DJ MAG』の「世界人気DJランキング」でも6年連続トップ10入りを果たすなど絶大な人気を誇るスティーヴ・アオキ。先日新たにリリースしたシングル「ウェイスト・イット・オン・ミー」は、韓国人アーティスト史上初の全米チャート1位獲得という偉業を成し得たヒップホップ・グループのBTSが参加しており、2017年にスティーヴがBTSの大ヒット・シングル「MIC Drop」のリミックスを手掛けたのに続き、2度目のコラボが実現した。

「ウェイスト・イット・オン・ミー feat. BTS」日本語字幕付リリック・ビデオ

今回のコラボについてスティーヴは、「再び彼らと一緒に音楽をつくることが出来て、本当に光栄に思っているよ!」と語っており、BTSも「とにかくこの曲は最高で、(スティーヴとの)制作も本当に楽しかった。レコーディングも新鮮だったし、きっとファンのみんなにも喜んでもらえると思っているよ。」とコメント。同シングルはBTS史上初となる全編英語詞のみで構成された楽曲となっており、“ほんの一瞬でも愛する女性の側にいたい”という想いを男性目線でうたった、切なくも美しいダンス・ポップ・チューンに仕上がっている。最新アルバムにはBTSはもちろん、ブリンク 182、ニッキー・ロメロ、ルイ・トムリンソン、ローレン・ハウレギ、リル・ヨッティ、ダディー・ヤンキー、エラ・イストレフィなど数々の豪華アーティストが集結。さらに国内盤CDは「ビー・サムバディー」と「ライ・トゥー・ミー」のREMIX音源が追加収録され、期間限定スペシャル・プライスというパッケージとしても充実の内容となっている。
常にダンス・シーンの第一線で活躍し続けるスティーヴ・アオキだからこそ実現した最強コラボと最高のサウンドが凝縮された『ネオン・フューチャー Part.3』は、正に平成最後の最強ダンス・ポップと呼ぶに相応しい作品となっており、世界中の音楽ファンから大きな注目を集めている。

◆ リリース情報

スティーヴ・アオキ|Steve Aoki
最新アルバム 『ネオン・フューチャー Part.3|Neon Future Part.3』

● 国内盤CD全19曲入り
● 2018年11月14日(水)リリース
● 期間限定スペシャル・プライス2,000円+税
● SICP-5913
● 国内盤ボーナス・トラック2曲追加収録

スティーヴ・アオキ、5枚目となる最新アルバムを11月14日にリリース

<トラックリスト>
01. ネオン・フューチャーIII (イントロ)
02. ジャスト・ホールド・オン ★ルイ・トムリンソン
03. ウェイスト・イット・オン・ミー ★BTS
04. ビー・サムバディー ★ニッキー・ロメロ、キアーラ
05. プリテンダー ★リル・ヨッティ、AJR
06. ア・ラヴァー&ア・メモリー ★マイク・ポズナー
07. ホワイ・アー・ウィー・ソー・ブロークン ★ブリンク 182
08. ゴールデン・デイズ ★ジム・アドキンス
09. アワー・ラヴ・グロウズ ★レディ・アンテベラム
10. エニシング・モア ★エラ・イストレフィ
11. オール・ナイト ★ローレン・ハウレギ
12. ドゥー・ノット・ディスターブ ★ベラ・ソーン
13. ライ・トゥー・ミー ★イナ・ロードセン
14. アズキータ ★ダディー・ヤンキー、プレイ・ン・スキルズ、エルヴィス・クレスポ
15. フーヴェラ ★TWIIG
16. ホワット・ウィー・スターテッド ★ドン・ディアブロ、ラッシュ&サイモン、バリーソングス
17. ノーブル・ガス ★ビル・ナイ
国内盤ボーナストラック
18. ライ・トゥー・ミー (ニッキー・ロメロ・リミックス)
19. ビー・サムバディー (タイロン・ハピ・リミックス)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です