洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ブリアルや故・DJ ラシャドを擁する〈Hyperdub〉のボス、 Kode9 (コード9) の来日が決定

Kode9


ブリアルや故・DJ ラシャドを擁する〈Hyperdub〉のボス、 Kode9 (コード9) の来日が決定

(情報提供:BEATINK)

2017年には日本のゲームミュージックが生んだ貴重かつ革命的な楽曲ばかりを集めたコンピレーション・アルバム『Diggin’ In The Carts』のリリースを記念し、来日を果たした〈Hyperdub〉のボス、Kode9(コード9)。最近では現在のエレクトロニック・ミュージックの最前線を捉えたミックスとして話題となった<Fabric>のミックス・シリーズ最終章にブリアルとともに登場し、話題となった彼が2018年の年の瀬にAsia Tourで登場!12月29日にはCIRCUS TOKYOで3時間のロングセット!12月30日はクリエイティブセンター大阪で開催されるTHE STAR FESTIVAL 2018 CLOSINGパーティーに登場する。

<東京公演>
date : 12.29(sat)
title : KODE 9 ASIA TOUR in TOKYO
Kode9 (Hyperdub/UK) -3hours set-
Romy Mats
and more..

open 23:00 adv:2500 door:\3000
tickets: ローソンチケット L-CODE (75574) / イープラス (http://eplus.jp) / Peatix (https://hyperdubkode9.peatix.com/

venue : CIRCUS TOKYO

<大阪公演>
date : 12.30(sun)
title : THE STAR FESTIVAL 2018 CLOSING
line up :
Peter Van Hoesen (Time to express/Berlin)
Metrik (Hospital records/UK)
Cassy (Kwench/UK )
Kode9 (Hyperdub/UK )
yahyel
EYヨ (Boredoms)
AOKI takamasa -live set-
BO NINGEN
環ROY
SEIHO -live set-
Tohji (and Mall Boyz)
D.J.FULLTONO
YUMY
vj : KOZEE 
lighting : SOLA

open 21:00~ all night
ADV tickets : \3500 / door : \4000 / group ticket (4枚組) : \12000
(別途1ドリンク代金\600必要)

プレイガイド : 
チケットぴあ P-CODE(133-585)/ ローソンチケット L-CODE (54171) / イープラス (http://eplus.jp) / PEATIX (https://tsfclosing.peatix.com/)

venue: Creative center osaka(Studio partita & Black chamber & Red frame)
〒559-0011 大阪市住之江区北加賀屋4丁目1番55号 名村造船旧大阪工場跡
06-4702-7085
http://www.namura.cc/

TOTAL INFO: 
http://thestarfestival.com/

KODE9 (コードナイン)
コードナインは、ブリアルや、今は亡きDJ ラシャド、ほか多くのアーティストが所属するレーベルとして有名な〈ハイパーダブ〉の主宰者である。自身のレーベルからは、ザ・スペースエイプと共同で2枚のアルバム、10枚以上のシングルをリリースしており、さらに〈K7〉〈Rinse〉〈ON-U SOUND〉〈WARP〉〈Domino〉〈Ghostly〉〈Tempa〉〈Rephlex〉などのレーベルからもリリース、リミックス、DJ コンピレーションを手掛けてきた。ヨーロッパ全域、北アメリカ、アジアなど広範囲においてDJをしてきた彼は、Sonar、Coachella、Glastonbury、 Mutek、Unsoundといったフェスティバルでパフォーマンスを披露。本名のスティーブ・グッドマン名義では、2010年に著書「ソニック・ワーフェア」をMITプレスから出版。人工頭脳文化研究団(Ccru) の一員であった彼は、AUDINTという音波研究組織の一員でもあり、トビー・ヘイズとともに北アメリカとヨーロッパでインスタレーションを作成し、2014年には、「マーシャル・ホントロジー」プロジジェクト(本/レコード/印刷物) を発表している。2015年にはともに制作をしてきたスペースエイプ、DJラシャドを失った喪失感から制作に取り組んだというソロ名義でのファースト・アルバム『Nothing』をリリースした。そして、2018年にはコード9とブリアルが〈Fabric〉のミックス・シリーズ最終章に登場し大きな話題となった。
http://www.hyperdub.net/

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です