洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Artist Celeb News Feature Tweet

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート曲目決定

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団


毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。クラシック音楽の中でも最も有名で、ウィーンの誇る黄金のムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界90カ国以上に放送され、5億人が視聴するというビッグ・イベント。1939年に始まる75年以上の歴史を誇るこのコンサートでは、音楽の都ウィーンを象徴するシュトラウス一家のワルツやポルカが演奏され、その高額のチケットは世界一入手困難と言われている。

2019年は、ドレスデン・シュターツカペレ首席指揮者、ザルツブルク復活祭音楽総監督を兼任し、名実ともにドイツ音楽の世界的巨匠と目されるクリスティアン・ティーレマンがニューイヤー・コンサート初登場。ティーレマンは2000年にR.シュトラウスの「ばらの騎士」組曲と「アルプス交響曲」を指揮してデビューして以来ウィーン・フィルの常連指揮者に名を連ね、2008年から2010年にかけてはベートーヴェン交響曲全曲演奏を行い、映像と音声で収録・ソフト化するなど、同フィルにとって重要な役割を担ってきた。2008年2月にはウィーン・フィル舞踏会で「天体の音楽」などを指揮しヨハン・シュトラウス・ファミリーのレパートリーにおける優れた手腕を印象付けているが、ワルツやポルカで構成したシュトラウス・ファミリーだけのプログラムは2019年のニューイヤー・コンサートで初披露。重厚な音楽づくりを得意とする個性の強いティーレマンがウィーン・フィルからどのようなワルツとポルカの世界を引き出すか、大きな期待が膨らむ。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート曲目決定

演奏曲目は、定番の「美しく青きドナウ」「ラコッツィ行進曲」などに加えて、1869年の日墺修好通商航海条約に端を発する日本オーストリア友好150周年を記念するワルツ「トランスアクツィオネン」、ウィーン国立歌劇場建立150周年を寿ぐポルカ・フランセーズ「オペラ座の夜会」など、2019年のさまざまなアニヴァーサリーなどテーマ性を織り込んだ多彩な作品で構成され、新鮮味十分。例年のお楽しみニューイヤー・コンサート初登場作品は5曲予定されている。
コンサートの演目全曲を収録した2枚組のCDは1月1日のコンサートの翌日に音声の編集が行われ、1月7日から全世界でデジタル配信され、国内盤CDは1月23日に発売される。2月27日に発売されるブルーレイには特典映像として、ニューイヤー・コンサート・オンエア時に放映されるバレエ・シーン入りの映像(曲目未定)などを収録予定。

◆ クリスティアン・ティーレマン(指揮) プロフィール 
1959年ベルリン生まれ。シュテルン音楽院で学び、カラヤンのアシスタントに。ベルリン・ドイツ・オペラ音楽総監督、ミュンヘン・フィル音楽監督を経て、2012年~ドレスデン・シュターツカペレ首席指揮者、2013年~ザルツブルク復活祭音楽総監督。ワーグナー、シュトラウス、ブルックナーを中心とするドイツ音楽の巨匠。

◆ リリース情報

タイトル:ニューイヤー・コンサート2019
アーティスト:クリスティアン・ティーレマン(指揮)ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

● CD2枚組:SICC-2155~56 2019年1月23日 定価\2,900+税
● ブルーレイ:SIXC-20 2019年2月27日 5,700円+税

【収録予定曲】

01. シェーンフェルト行進曲作品422* (ツィーラー)
02. ワルツ「トランスアクツィオネン」作品184 (ヨーゼフ・シュトラウス)
03. 妖精の踊り (ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世)
04. ポルカ・シュネル「特急ポルカ」作品311* (ヨハン・シュトラウス2世)
05. ワルツ「北海の絵」 作品390 (ヨハン・シュトラウス2世)
06. ギャロップ[ポルカ・シュネル]「速達郵便で」作品259 (エドゥアルト・シュトラウス)
07. 喜歌劇「ジプシー男爵」序曲 (ヨハン・シュトラウス2世)
08. フランス風ポルカ「踊り子」作品227 (ヨハン・シュトラウス2世&ヨーゼフ・シュトラウス)
09. ワルツ「芸術家の生活」作品316 (ヨハン・シュトラウス2世)
10. ポルカ・シュネル「インドの舞姫」作品351 (ヨハン・シュトラウス2世)
11. ポルカ・フランセーズ「オペラ座の夜会」作品162* (エドゥアルト・シュトラウス)
12. エヴァ・ワルツ[喜歌劇「騎士パースマーン」の動機による]* (ヨハン・シュトラウス2世)
13. 喜歌劇「騎士パースマーン」よりチャールダーシュ 作品441 (ヨハン・シュトラウス2世)
14. エジプト行進曲 作品335 (ヨハン・シュトラウス2世)
15. 幕間のワルツ* (ヨーゼフ・ヘルメスベルガー2世)
16. ポルカ・マズルカ「女性賛美」作品315 (ヨハン・シュトラウス2世)
17. ワルツ「天体の音楽」作品235 (ヨーゼフ・シュトラウス)
18. ワルツ「美しく青きドナウ」作品314 (ヨハン・シュトラウス2世)[アンコール]
19. ラデツキー行進曲作品228 (ヨハン・シュトラウス1世)[アンコール] 

アンコール曲はもう1曲予定されています。
*ニューイヤー・コンサート初登場となる作品

● 演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
● 指揮:クリスティアン・ティーレマン
● 録音:2019年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です