洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

エディ・リーダー、東京公演のライヴ・レポート&セットリスト

EDDI READER


4年振りにリリースされた、通算11作目のアルバム『キャヴァリア』を携え、昨日よりジャパン・ツアーをスタートさせたエディ・リーダー(Eddi Reader)。ツアー初日、2月4日(月)東京・渋谷Club Quattro公演のライヴ・レポートが到着した。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

エディ・リーダー、東京公演のライヴ・レポート&セットリスト
(Photo: Yosuke Torii)

************

<エディ・リーダー 2019年2月4日(月) 東京・渋谷Club Quattro ライヴ・レポート>

コンサートも終盤、時計を見ながらエディは言った。「私たちがステージ袖に引っ込んで、あなたたちが拍手して(アンコールのこと)という行為をはしょれば、あと3曲はできるわね!!」。同意!!とばかりに観客は大きな拍手を返す。エディのコンサートに決められたセット・リストはない。その時の気分や、観客の様子を見ながら、次に演奏する曲を決めていく。

 “あと3曲”の最初の曲は最新作『Cavalier』から、「宇宙に捧げる曲よ」と言って「Starlight」を。バックを務めるケヴィン・マグワイア(b)、ジョン・ダグラス(g、ukulele)、ブー・ヒュワディーン(g)による熟年コーラスのなんとロマンチックで渋かっこ良かったことか! 次に披露したのはフェアーグラウンド・アトラクション時代からの人気曲「Find My Love」。そして3曲目。エディは、少女時代の思い出を話し始めた。家に親戚が集まると音楽を奏で、歌を歌ったものだ、と。エディの母親ジーンはみんなにけしかけられても、最初のうちは「いいわよ、私は」とか「歌なんて、そんな」と拒んでいるのに、不意に歌い出すのだ、「Moon River」を。我々観客にはジーンをけしかける家族親戚一同の役が与えられ、ステージ上のエディはジーンの役をやる。こういう時のエディは役者だ。大げさな仕草がおかしくて、会場には笑いが広がる。英語がわからなくても大丈夫。何十年も前の海の向こうのスコットランドの家庭の風景が目の前に浮かぶ。確か、エディには兄弟もたくさんいたはずだ。彼女の音楽の源はここにある、これまでも、これからも。そう思ったら、なぜだか泣けてきた。好きなこと(=音楽)に忠実であり、誠実であり続ける彼女の人生をうらやましく思ったのだろうか。自分でもよくわからない。

エディ・リーダー、東京公演のライヴ・レポート&セットリスト
(Photo: Yosuke Torii)

昨年リリースされた最新作『Cavalier』からの曲を中心にしたセットには、『Cavalier』がそうであったように、トラディショナル、ロバート・バーンズ、オリジナル、フェアーグラウンド、ソロ、ポップ、フォーキー……様々なタイプの曲が並んだ。ブー、ジョン、ケヴィンにアラン・ケリー(accordion)という4人のミュージシャンによるアンサンブルとハーモニーは、上手いのは当然ながらとにかく気持ちがよく、エディの歌を見守るようなあたたかさと包容力感じさせる。そして、信頼のおける演奏を得たエディの歌は、年齢を重ね、強さとたくましさを増し、エディ自身、ますます歌うことを楽しんでいるようにも見えた。かつての細く繊細に伸びていく絹糸のような歌声とは別の、しなやかでふくよかな歌声に、彼女が歩いてきた音楽の道のりを思う。

曲間に挟むMCの話術も達者なら、「Charlie Is My Darling」や「Macushla (My Darling)」での観客の巻き込み方といい、チューニングしながらアコギでジミ・ヘンを気取っちゃうところや、リーダー家の“神”だったというエルヴィスの曲のフレーズを口ずさんじゃうところなどなど、愛嬌とユーモアがたっぷりなのもエディの魅力。そんなエディと仲間たちが「一緒に楽しもう」という雰囲気で満たしてくれる空間では、すべての瞬間に、音楽への敬意と愛が宿っている。こんなしあわせな空間にいられることに感謝するばかり。

「Moon River」が終わり、エディがステージを去り、フロアの電気がついても観客は帰らない。アンコールははしょるとみんなで決めたけど、こんなライヴを観せられたら、そうそう簡単に帰路にはつけない。すると、しばらくしてエディが一人でステージ上に再登場。「一緒に歌おう」と、アカペラで「Hallelujah」。もう、これ以外何も言うことはない。「ありがとうエディ、仲間たち!」。     (ライヴ・レポート 赤尾美香)

エディ・リーダー、東京公演のライヴ・レポート&セットリスト
(Photo: Yosuke Torii)

◆ SET LIST

01. Comedy Waltz
02. Perfect
03. Dragonflies
04. Cavalier
05. Pangur Ban And The Primrose Lass
06. Old Song
07. Fairground Attraction
08. Meg O’ The Glen
09. A Sailor’s Farewell To The Sea
10. Charlie Is My Darling
11. My Love is Like a Red Red Rose
12. The Moon Is Mine
13. Patience of Angels
14. Pray The Devil Back To Hell
15. Macushla (My Darling) 
16. Starlight
17. Find My Love
18. Moon River
19. Hallelujah

************

明日、2月6日(水)は名古屋CLUB QUATTROでの公演、2月7日(木) は、梅田CLUB QUATTROでの公演を行うエディ・リーダーは、それぞれの会場で終演後サイン会を開催する。

◆ 来日公演情報

【名古屋】
● 日時:2019年2月6日(水)開場18:30 開演19:30
● 会場;名古屋CLUB QUATTRO
● 前売:¥7,500(スタンディング/ドリンク別)
● 052-264-8211(名古屋CLUB QUATTRO)

【大阪】
● 日時:2019年2月7日(木)開場18:30 開演19:30
● 会場:梅田CLUB QUATTRO
● 前売:¥7,500(スタンディング/ドリンク別)
● 06-6535-5569(SMASH WEST) 

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です