洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ブロックハンプトンのリーダー=ケヴィン・アブストラクト、最新アルバム『アリゾナ・ベイビー』をリリース

KEVIN ABSTRACT


2018年にリリースしたメジャーデビューアルバム『イリデセンス』が全米アルバムチャート1位を獲得し、世界で最も影響力のあるメディアのひとつが”ウエスト・コーストのウータン・クラン”と絶賛。全米ツアーでも完売が相次ぐなど破竹の勢いを続け、今年の8月16日から3日間に渡って開催されるサマーソニック 2019にて初来日が決定している注目のクリエイティブ集団、ブロックハンプトンの創設者にしてリーダー=ケヴィン・アブストラクト(Kevin Abstract)が最新アルバム『アリゾナ・ベイビー』をリリース、また最新シングル「ピーチ」のミュージック・ビデオも公開された。

(情報提供: SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

ブロックハンプトンのリーダー=ケヴィン・アブストラクト
最新アルバム『アリゾナ・ベイビー』をリリース

米テキサス州コーパス・クリスティ出身、現在22歳のケヴィン・アブストラクトは11歳の頃に音楽制作をスタート。2010年に高校の同級生やカニエ・ウエストのファンサイト”KanyeToThe”の掲示板で知り合ったメンバーと共にブロックハンプトンの前身となるアライヴシンスフォーエヴァーを結成。2014年に初のソロデビューアルバムとなる『MTV1987』、2016年に2ndアルバム『アメリカン・ボーイフレンド:ア・サバーバン・ラブ・ストーリー』をリリース。自身と同じように同性愛者であることに悩む若者へのメッセージ、マイノリティに対して蔓延る保守的な社会への皮肉を歌った本作はNoisey、Pitchfork、Billboard、Complexなど世界中の主要メディアから絶賛され、高い評価を集めた。2017年にはブロックハンプトンとして3部作アルバム『サチュレーション』を発表、『サチュレーションIII』では全米Hip Hop/R&Bチャート5位を記録し、2018年にはメジャーデビューアルバム『イリデセンス』にて念願の全米アルバムチャート1位を獲得するなど、ブロックハンプトンとしても破竹の勢いを見せている。

今作『アリゾナ・ベイビー』は自己発見とアメリカ社会をテーマにした作品で、ソロとしては約3年ぶり3枚目となる最新作。全ての楽曲をテイラー・スウィフト、ロード等のプロデューサーとして知られるシンガーソングライターのジャック・アントノフ、ブロックハンプトンのプロデューサー=ロミル・ヘムナニ、ケヴィン・アブストラクトの3人を中心に手掛けており、ジャンルの枠に囚われない多種多様なサウンドと力強くもエモーショナルなケヴィン・アブストラクトの個性的なボーカルが際立った作品となっている。

「ピーチ」 ミュージック・ビデオ

今年の8月16日から3日間に渡って開催される、サマーソニック 2019ではブロックハンプトンでの待望の初来日公演も決定しており、デジタル世代に結成された新世代クリエイティブ集団にして、新しい価値観を全米に植え付け続けている”アメリカン・ボーイバンド”=ブロックハンプトンとケヴィン・アブストラクトに大きな注目が集まっている。

◆ 作品情報

最新アルバム『アリゾナ・ベイビー』

ブロックハンプトンのリーダー=ケヴィン・アブストラクト
最新アルバム『アリゾナ・ベイビー』をリリース

【トラックリスト】

01. Big Wheels | ビッグ・ホイールズ
02. Joy Ride | ジョイ・ライド
03. Georgia | ジョージア
04. Corpus Christi | コーパス・クリスティ
05. Baby Boy | ベイビー・ボーイ
06. Mississippi | ミシシッピ
07. Use Me | ユーズ・ミー
08. Peach | ピーチ
09. American Problem | アメリカン・プロブレム
10. Crumble | クランブル
11. Boyer | ボイヤー

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です