洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Column New Album NO.16 Editor2 Tweet

CeeLo Green Is Thomas Callaway by CeeLo Green


CeeLo Green Is Thomas Callaway by CeeLo Green

元GOODIE MOBのメンバーで、ナールズ・バークレイとしても知られるシンガー、シーロー・グリーンのニューアルバムが到着。
一言で言えば、最高のソウルアルバムだ。

自身を「ソウル・マシーン」と呼ぶくらいなので、当然のことかもしれないが、サウンド的には完全に「60’s、70’sのソウル・ミュージック」と言われても疑わないほど。彼のソウルフルな歌声があるからこそだが、その歌声を支えるオルガンやピアノの音であったり、ストリングスだったり、アレンジ、コーラスも素晴らしい。

デジタルサウンド全盛の今、生バンド全開の、ゴスペル調も入ったオールドスクールなソウルミュージックを聴くことができる。

レコーディングは、The Black Keysのダン・オーバックのプロデュースで、ナッシュビルで進められたということ。Lo-Fiなサウンドが特徴のブラック・キーズのダン・オーバックとのコラボ、ということで、こう言ったサウンドになっていったのは、納得かもしれない。レコーディングの現場でもハッピーなヴァイヴスに溢れていたことが楽曲からも滲み出ている。

アルバムタイトル「Cee Lo Green Is Thomas Callaway」(トーマス・キャロウェイは彼の本名である)が示すように、今までのアルバムで一番、彼のルーツに迫ったアルバムになったのではないだろうか。

フィジカルは8月リリースだが、現在、ストリーミングサービスで先行配信されている。ただ、これはレコードで聴いてみたい1枚だ。

おすすめは、#2「Lead Me」、#6「People Watching」、#8「Doing It All Together」

CeeLo Green Is Thomas Callaway / CeeLo Green
BMG/ADA

https://www.ceelogreen.com/

(NO.16編集部)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン