[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Feature Ranking

2017.09.26~2017.10.02 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽のオンエア回数をナンバーシックスティーンが独自に集計。先週のTOP10はこんな感じでした!

2017.09.19~2017.09.25 RANKING

1st icon-music UP ALL NIGHT:BECK

チケットは今週末から発売

この曲も含む3年半ぶりとなるニュー・アルバム『カラーズ』を、来週11日に日本先行発売するベック(BECK)。ニューアルバムを引っ提げての来日公演が、今月23日(月)日本武道館、24日(火)新木場スタジオコーストで行う。チケットは今週末、10月7日から一般発売される。

2nd icon-music LOOK WHAT YOU MADE ME DO:TAYLOR SWIFT

全米3週連続No.1

過去の作品の総売り上げ枚数は4000万枚越え、楽曲ダウンロードは1.3億を超えているグラミー年会最優秀アルバム賞の最年少受賞者テイラー・スウィフト(Taylor Swift)。世界中で大ヒット中のこの曲「Look What You Made Me Do ~ 私にこんなマネ、させるなんて」は、9月30日付の全米ビルボードチャートでNo.1を獲得し、これで全米3週連続の1位となった。また、同楽曲のミュージック・ビデオは解禁から3週間で、再生回数が4億回を超えている。

3rd icon-music WHAT ABOUT US:PINK

来週ニューアルバムをリリース

2000年にアルバム『キャント・テイク・ミー・ホーム』でデビューしたピンク(P!NK)。2016年に公開された映画『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』の主題歌、「ジャスト・ライク・ファイア」以来約1年振りの新曲であるこの楽曲。この曲も収録されている5年振り通算7作目のオリジナル・アルバム『ビューティフル・トラウマ』は、来週10月13日(金)に全世界同時リリースされる。

4th icon-music WHAT LOVERS DO:MAROON5 feat. SZA

ミュージック・ビデオ公開

これまでに3度グラミー賞を受賞しているマルーン5(Maroon5)。先日子の新曲のミュージック・ビデオが公開された。監督は、これまでにテイラー・スウィフト、ケイティー・ペリー、U2などをはじめ、世界的アーティストのミュージック・ビデオも手掛けているジョセフ・カーン。ビデオでは、様々なシチュエーションで女性(シザ)を追いかける男性(アダム・レヴィーン)が印象的に演出された内容になっており、楽曲のテーマである男女の駆け引きが表現されている。

5th icon-music CUT TO THE FEELING:CARLY RAE JEPSEN

ジャスティン・ビーバーに認められたシンデレラガール

カナダ・ブリティッシュ・コロンビア生まれ。2007年のカナディアン・アイドル(シーズン5)で3位に入賞。
カナダのグラミー賞に値する2010 Juno Awardで最優秀ソングライターと最優秀新人賞にノミネートされたこともあるシンガー・ソングライター=カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)。そんなカーリーが、ツアーでカナダを周っていたある日、あのジャスティン・ビーバーから電話があり、「カナダでドライブしていたらラジオからカーリーの声を聴いて、すごく良いと思って周りに彼女の名前を教えてもらい、彼女の作品を色々調べていたら本当に才能がある子なんだってことがわかったんだ。」そして、カーリーはビーバーのレーベルSchoolboy Recordsの初のアーティストとして契約。それ以降の活躍はご存知の通り。この曲は前日リリースした『カット・トゥ・ザ・フィーリング〜エモーション・サイドB+』に収録されている。

6th icon-music  I LIKE ME BETTER:LAUV

エド・シーランのサポート・アクト

ニューヨーク出身、現在はロサンゼルスを拠点に活動しているシンガーソングライターでプロデューサーのラウヴ(LAUV)。今月末に来日公演が予定されているエド・シーランのジャパンツアーでサポート・アクトを務めることが決定しているが、そのエド・シーランが作曲したフランス出身のDJ兼プロデューサーのDJスネイクの最新シングル、「ア・ディファレント・ウェイ」にもフィーチャーされている。

7th icon-music WALL OF GLASS:LIAM GALLAGHER

相変わらずの兄弟仲?!

イングランド・マンチェスター出身。元オアシス、元ビーディ・アイのヴォーカリスト、リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)。「ソロとして初のアルバム『As You Were』はいよいよ今週金曜日10月6日にリリースされる。同じく元オアシスで弟のノエル・ギャラガーによるソロ・プロジェクト、ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのアルバムも11月にリリースが予定されているが、そのアルバムについてNMEにおいて、「それが(Noelのアルバム)が素晴らしいと確信している。しかし、それは私のものよりも驚くべきことではない」とコメントしている。

8th icon-music THE SKY IS A NEIGHBORHOOD:FOO FIGHTERS

世界11カ国でNo.1

この曲も含むニューアルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』を9月15日に全世界同時リリースしたフー・ファイターズ(Foo Fighters)。同アルバムは、アメリカ、イギリスの両アルバム・チャートで初登場1位を記録した。またアメリカ、イギリス以外でも、カナダ、オーストラリア、オランダなど11か国で1位に輝き、フー・ファイターズ史上最多1位獲得作品となった。ここ日本でも、iTunes総合チャートで1位、オリコンでもデイリーCDアルバムランキング1位(9月15日付)、週間ランキング洋楽アルバム部門1位/総合ランキングでも3位(9月25日付)にランクインしている。

9th icon-music TOO GOOD AT GOODBYE:SAM SMITH

ミュージック・ビデオで熱演

2015年に行われた第57回グラミー賞で最多4部門を受賞し、一躍注目を集めたイギリス・ロンドン出身のシンガーソングライター=サム・スミス(Sam Smith)。この曲は、先月リリースとなった約2年ぶりの新曲だが、ミュージック・ビデオもこのほど公開された。「君をそばに近づけるつもりはないんだ / たとえ僕にとって誰より大切な存在でも / 心を開くたび辛いから」と別れについての歌詞にリンクした内容になっていて、様々なカップルの別れの様子が描き出されている。また、サム自身も恋人との別れを嘆く男性を熱演している。

10th icon-music BRAZIL:DECLAN McKENNA

単独来日公演決定

この夏、東京と大阪で開催されたサマーソニック2017に出演した、英国の新しき「世代の声」=デクラン・マッケンナ(Declan McKenna)。そのサマーソニックは、ギター、ベース、ドラム、キーボードと4人のサポートメンバーを加えたバンド編成での出演となり、デビュー・アルバム『ホワット・ドゥ・ユー・シンク・アバウト・ザ・カー?』から「ブラジル」、「ヒュモンガス」、「パラセタモール」などを披露。18歳の“今”を全て詰め込んだ瑞々しいパフォーマンスでソニックステージのオーディエンスを沸かせたデクラン・マッケンナだが、単独公演で再来日する事が決定している。単独来日公演は、12月14日に東京・渋谷クラブクアトロで行われる。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です