洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Column Feature Tweet Yoko Shimizu

プロフェッショナルを超えたドラマ

YOKO SHIMIZU COLUMN


ラジオディレクター清水葉子コラム

清水葉子COLUMN
RADIO DIRECTOR 清水葉子

音大卒業後、楽器店勤務を経てラジオ制作会社へ。その後フリーランス。TOKYO FMで9年間早朝のクラシック音楽番組「SYMPHONIA」を制作。衛星デジタル音楽放送ミュージックバードではディレクター兼プロデューサーとして番組の企画制作を担当。自他ともに認めるファッションフリーク(週1回更新予定)

今回は直接音楽に関係ないのだが、とある映画の試写会に行った話から書いてみたい。

「モデル 雅子 を追う旅」というタイトルのその映画は、ファッションモデルとして30年の長きに渡って活躍し、2015年の1月に50歳で希少がんのため亡くなった女性のドキュメンタリー映画である。監督・撮影は夫である大岡大介氏。大岡氏はテレビ局のプロデューサーでもあり、番組制作の忙しい合間を縫って撮影に臨んだとのこと。

妻でモデルの雅子さんは私より少し年上であり、彼女はちょうど私の世代が雑誌アンアンなどを読み始める高校生の頃にデビューした。日本が好景気に沸くバブル時代に異彩を放つファッションモデルとして、雑誌や広告でよく目にしていた。当時のとんがったモード系の雑誌でも見かけたし、一時期には映画にも出演したりしていた。彼女のちょっと形容しがたいほどの美しい容姿に10代の頃、憧れたものである。同性でも異性でも誰かのファンになる、という経験が私にはあまりないのだが、彼女だけは雑誌などで見かけるとついそれを購入したりしてしまう存在だった。

ファッションモデルは20代の頃もてはやされても、次々と若い世代が台頭してくる。そのまま30、40代と活躍できる人はやはりそれなりに人間として魅力ある存在でないと生き残ってはいけないだろう。雅子さんはインタビューなどで垣間見えるそのパーソナリティにも魅力が感じられた。モデルという華やかな存在でありながら、そのライフスタイルもシンプル&ナチュラルで等身大の女性の生き方を追求しているように見えた。また一方で日常生活でも徹底した日焼け対策をするなどプロとしての姿勢も持ち合わせていて、美しい肌を持つ彼女のスキンケアを参考にしていたこともある。またフランスの文化が好きで映画にも造詣が深い彼女のブログを度々読んだりしていた。

ラジオの仕事を始めるようになってから、どこか仕事場でお見かけする日があるかもしれない、という気もしていた矢先、彼女の訃報を知った。まだ50歳という若さでの死は、とてもショックだった。

現代はインターネットで自分の知りたい情報を即座に手にすることができるのはとても便利である。彼女が離婚を経て結婚していたことも知った。そしてその夫である男性が彼女の映画を完成させたことも。

映画は完全な一人の女性のプライヴェートフィルム、といった内容であり、雅子さんがフランス語を学んでいたアンスティチュ・フランセ東京(旧日仏学院)での試写会に来ていたのは、主に映画にも出演されていた友人や長年仕事を共にした仲間たち、顔見知りといった人たちがほとんどのようだった。

そんな中、門外漢も甚だしい私などがここで偉そうに言うことでもないのだが、芸術作品として素晴らしいとか、映画的な作りとして優れている、という観点で語ることはふさわしくないだろう。そこには妻を亡くした男性の、彼女に対する深い愛情とかけがえのない存在を失った痛ましいほどのやり場のない想いが伝わってきた。その想いを形にするために彼女の愛した〈映画〉という手法を使ったというのは、大岡氏の自然な心の成り行きだったに違いない。そしてこの映画はその想いを存分に観る人に伝えるだけの力を持っていると思う。

icon-youtube-play 映画『モデル 雅子 を追う旅』予告編

音楽にも得てしてこうしたことがある。現在ではアマチュアオーケストラの活動が盛んだが、彼らの素直な音楽に対する希求心と熱のこもった演奏にファンも多い。例えば東京ユヴェントス・フィルハーモニー。慶應義塾大学のユースオーケストラが前身のこのオケは近年指揮者の坂入健司郎のもと、ブルックナーやマーラーなどプロも顔負けのレパートーリーを取り上げ、その真摯で熱い演奏が感動を呼んでいる。もちろんいわゆるプロのオーケストラが演奏するものとは別格のものである、ということは大前提だが、そこにある〈ドラマ〉は時としてプロとかアマチュアを超えたところで訴える力を持っているのだろう。

icon-youtube-play Anton Bruckner : Symphony No. 5 Live Tokyo

それと同時に人生における様々な場面で迎える〈喪失感〉を考える時、果たしてそれをどういった形で自分の中で消化していくのか、ということについて年齢を重ねていく中で考えさせられることでもあった。

映画は7月26日よりアップリンク吉祥寺にて一週間限定の公開とのことである。

いちファンとしては、インタビューとして残されていた彼女の肉声が映画全編に渡って使われていたので、雑誌や広告などで見るだけだった雅子さんの普段の声を実際に聞くことができ、とても下町っぽい口調(日本橋出身とのこと)なのが微笑ましかった。声や話し方が気になってしまうのは職業病かもしれない。

雅子さんとのフランスつながりで最後に音楽コラムらしく、独断と偏見でサティの「ジュ・トゥ・ヴ」をお送りしたい。

icon-youtube-play Erik Satie : “Je te veux” par Patricia Petibon

清水葉子の最近のコラム
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

女性指揮者アントニア・ブリコ

私は結婚しているが、こうしてフリーランスとして細々と仕事もしている。住んでいるマンションも夫と共同名義だし、住…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

夏の夜に聴くソッリマ と芥川

ジョヴァンニ・ソッリマは「チェロのジミヘン」と呼ばれる。 このキャッチコピーはなかなか強烈だ。普段クラシック音…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

ルース・スレンチェンスカの芸術

ピアノはあらゆる楽器の中でも非常に完成された楽器である。特にモダンピアノはその構造や素材、大きさや汎用性、全て…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

ランチタイムコンサート@神楽坂

梅雨が明ける前の晴れ間が覗く午後、私は神楽坂に向かっていた。アグネスホテルで、友人のピアニスト島田彩乃さんと彼…

コメントなし
RADIO DIRECTOR 清水葉子コラム

久石譲とフューチャー・オーケストラ・クラシックス

久石譲といえば現代音楽の作曲家であり、北野武や宮崎駿の作品を手掛けた映画音楽の分野でも世界的に有名だが、一方で…

コメントなし

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です