洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ペール・ウェーヴスの初の単独ツアーが決定

Pale Waves


今年のサマーソニックで初来日を果たしたUKギターロック・シーンのニュー・アイコン、ペール・ウェーヴス!iTunes Japanオルタナティブ・チャートで1位を獲得したデビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』を引っ提げ、東京、大阪、名古屋の3都市を周る初単独ツアーの開催が決定した。

(情報提供:HOSTESS ENTERTAINMENT)

ペール・ウェーヴスの初の単独ツアーが決定

サマーソニックの東京公演では、当時デビュー前にも関わらず会場に入りきらないほどのファンがつめかけ、日本での人気の高さを証明した彼女たち。初となる単独ツアーではチケットの争奪戦が予想される。

詳細は彼らの日本語版HPチェックしてほしい。

http://hostess.co.jp/palewaves/

「Eighteen」

■ 公演情報
【名古屋 2月25日(月) 名古屋 CLUB QUATTRO】
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKET オールスタンディング ¥6,500(税込 /別途 1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日: 11/17(土)
<問>名古屋クラブクアトロ 052-264-8211

【大阪 2月26日(火) 梅田 TRAD】
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKET オールスタンディング  ¥6,500(税込 /別途 1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日: 11/17(土)
<問>キョードーインフォメーション 0570-200-888

【東京 2月27日(水) 恵比寿 LIQUIDROOM】
OPEN 18:00/ START 19:00
TICKET オールスタンディング  ¥6,500(税込 /別途 1ドリンク)
※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日: 11/17(土)
<問>クリエイティブマン 03-3499-6669

制作 ・招聘 :クリエイティブマン
https://www.creativeman.co.jp/

◆ 作品情報
アーティスト名:Pale Waves (ペール・ウェーヴス)
タイトル:My Mind Makes Noises(マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ)
発売日:絶賛発売中!
レーベル:Dirty Hit / Hostess
品番:HSE-6862
価格:2400円+税
※日本盤はボーナストラック1曲、歌詞対訳、ライナーノーツ(粉川しの)付

ペール・ウェーヴスの初の単独ツアーが決定

<トラックリスト>
1. Eighteen
2. There’s A Honey
3. Noises
4. Came In Close
5. Loveless Girl
6. Drive
7. When Did I Lose It All
8. She
9. One More Time
10. Television Romance
11. Red
12. Kiss
13. Black
14. Karl (I Wonder What It’s Like To Die)
15. The Tide (Demo) *

*日本盤ボーナストラック

※絶賛配信中
http://smarturl.it/4uchzy

■ショート・バイオ
ヘザー・バロン・グレイシー率いる英インディーロック・バンド。The 1975やウルフ・アリスを擁するUK気鋭レーベル<Dirty Hit>と契約し、2017年2月にレーベルメイトであるThe 1975のマシュー・ヒーリーとジョージ・ダニエルがプロデュースしたデビュー・シングル「There’s A Honey」を発表し脚光を浴びる。同年8月、セカンド・シングル「Television Romance」を発表し、Spotifyの<最優秀インディー・リスト2017>に選出。当時シングルを2枚しかリリースしていない新人としては異例の早さでNMEの表紙に抜擢される。BBCによるやMTVによるなど多くの音楽媒体でノミネートされ、ブレイクする有力新人として世界中から熱い視線が注がれている。2018年2月、NMEアワードにて最優秀新人賞を獲得。5月にはデビューEP『オール・ザ・シングス・アイ・ネヴァー・セッドEP』を配信とレコードのみでリリース。8月開催のサマーソニックで初来日。9月に待望のデビュー・アルバム『マイ・マインド・メイクス・ノイジーズ』をリリースした。

バンドメンバーはヘザー・バロン・グレイシー(Vo/G)、キアラ・ドラン(Dr)、ヒューゴ・シルヴァーニ(G)、チャーリー・ウッド(B)。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です