洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Artist Celeb News Feature Tweet

ロファイル、アーティストとしてブルーノートよりデビュー

LOPHIILE


ZEDDの「アイ・ウォント・ユー・トゥ・ノウ」や「ステイ」の公式リミックスやツアーのオープニング・アクトを担当、グラミー賞最優秀新人にもノミネートされているH.E.R.のデビュー・アルバムの楽曲プロデュースなどを手掛け、早耳の音楽ファンの間には話題となっている音楽プロデューサー、ロファイル(Lophiile)。彼がアーティストとしてブルーノートからデビューが決定、デビューEP『トゥ・フォーギヴ』は2月21日にリリースとなり、そこからの先行楽曲として「ユーブ・チェンジド」が公開となった。

(情報提供: UNIVERSAL MUSIC JAPAN)

ロファイル、アーティストとしてブルーノートよりデビュー

ロファイルは音楽に造詣が深い家族に生まれ、母親はゴスペル・シンガーで、父親はトランペット・プレイヤー兼サウンド・エンジニア。幼い頃から、モータウンやソウルに親しみ、スティーヴィー・ワンダーやマーヴィン・ゲイのような一流のアーティストから、ジル・スコットやインディア・アリーのようなコンテンポラリー・アーティストまで、様々な音楽に触れてきた。ティーンエイジャーになった頃、ヒップ・ホップに傾倒し、大学でジャズを勉強。並行してメタルバンド、A Memoria Broodedのドラマーとしても活躍。また日本でも人気のメタル・コア・バンドのイシューズ(ISSUES)のキーボード/ターンテーブル担当として2015年まで活動していた。

2015年からソロ/プロデューサーとして精力的に活動をし始め、H.E.R.、ガラント、ゴールドリンクらに楽曲を提供/プロデュースし、インディーズとしてはニック・グラントやフレディ・ギブスをゲストにした自身の楽曲をリリース。

2019年2月21日にリリースされるロファイルのブルーノートからのデビューEP『トゥ・フォーギヴ』はジャズに対する「究極の音楽ハイブリッド」というコンセプトで制作。同作は、EPタイトル『トゥ・フォーギヴ(許し)』というものの、二重性(怒りと解放、苦しみと愛、闇と光)に言及した内容となっている。2月5日には、EPからの先行シングルとなる「ユーブ・チェンジド」が先行リリース。同曲は、ジャズをモチーフとし、ヒップ・ホップのリズムにヴォーカル・サンプル、そしてソウルフルなピアノを掛け合わせたハイブリットな音で「ロファイル」の音楽に対するヴィジョンを理解するには、完璧な1曲となっている。あわせてYouTubeでもヴィジュアライザーが公開となった。

「俺のサウンド、独立を探す道の象徴なんだ。俺のアーティストとしての姿、そのものなんだよ。」とロファイルは語っている。

◆ リリース情報

ロファイル『トゥ・フォーギヴ』
Lophiile “To Forgive”
2月21日配信EP

ロファイル、アーティストとしてブルーノートよりデビュー

【収録曲】
01. You’ve Changed
02. One Hand (feat. Sophie Faith)
03. Late Ass
04. You’re Gonna Need It (feat. Jesse Boykins III)
05. My Side (feat. NSTASIA)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です