[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Column DJ JunyaShimizu Feature Recommend

初心者でも分かる“EDM”って何??? Vol.1

DJ JunyaShimizu Column Vol.1


初心者でも分かる“EDM”って何???

こんにちは!DJ / Label Owner / ProducerのJunya Shimizuです。
今回から、コチラのページで
Dance Musicだけに留まらず、幅広く色んな洋楽話をしていければと思っています。
「おい!お前、何者だよ!!!」と思われた方は
コチラのリンクを参照頂ければ、どんなDJか少しは分かるかと(笑)

初心者でも分かる“EDM”って何??? Vol.1
DJ JunyaShmizu

プロジェクトレーベル『InfinitySense』主宰・『TOKYO FM』ディレクター/選曲家。2005年よりDJ/オーガナイザーとして国内のHouse/Crossoverシーンを中心に活躍。Jazzy & SoulfulなGrooveを主軸に、House, EDM, Drum’N’Bass, HipHopと、固定概念に囚われる事の無い自由なCrossover Style DJ。2006年より“次世代のダンスミュージック”をテーマにプロジェクト兼パーティー『InfinitySense』を主宰。海外アーティストの来日ツアー企画など、常に新世代の音楽を紹介してきた。現在は、青山0 ZEROにて偶数月第3日曜日に開催中。
icon-external-link https://iflyer.tv/ja/infinitysense/

初回、どんな話をしようかなーと物凄く悩んだのですが
先日『EDC JAPAN』に行った事もあり

icon-arrow-circle-up コレが『EDC JAPAN』

改めて“EDMって何?”
そんな話を分かりやすくしていければと思っています。

■EDMって、どういう意味?いつ頃から生まれたの?

このアルファベット三文字の“EDM”(イー・ディー・エム)。
女子高生の略語でも、IT系企業でも何でもありません。

元々ヨーロッパで人気を博していた“エレクトロニック・ダンス・ミュージック”が
アメリカ合衆国で人気を得るようになった2000年代後半に、
“エレクトロニック・ダンス・ミュージック”全体を表す経済用語として
アメリカの音楽マスメディアによって作られた単語。
(実は1980年代から既にその単語は使われていたなんて説もありますが…)

そもそもEDMとは・・・
「Electronic Dance Music」(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)」の略。
直訳すると「電子の・踊る・音楽」って事ですね。
つまり、シンセサイザーなどを使って生み出す音=“電子音”の音楽ジャンル。

キッカケは、2009年、フランス・パリのDJである
David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)がアルバム『One Love』を発表。
350万枚を超えるセールスとなり大ヒットとなりました。
その中で、Akon(エイコン)をフィーチャリングした「Sexy Bitch」が
アメリカ・イギリスでNo.1を獲得。
Kelly Rowland(ケリー・ローランド)との「When Love Takes Over」は
ヨーロッパで11週連続No.1を記録。
この出来事が、現在の新しいEDMを生んだ出来事だとされています。

「David Guetta / Sexy Bitch feat. Akon」

icon-arrow-circle-up 原題は「Sexy Bitch」(艶っぽい売女)ですが、
罵り言葉のBitchでは放送禁止スレスレなので
MVでは「Sexy Chick」(艶っぽいスケ)になっています(笑)

「David Guetta / When Love Takes Over feat. Kelly Rowland」

そして、2011年Skrillex(スクリレックス)が発表したシングル「Bangarang」が
グラミー賞最優秀ダンス・エレクトロニカアルバム賞と
最優秀ダンス・レコーディング賞受賞の快挙を達成。

Skrillex / icon-music Bangarang feat. Sirah

これにより、世界規模で広く知れ渡りEDMと言う言葉が定着したとされています。

一方、2006年に開催された
『Coachella Valley Music and Arts Festival』(コーチェラ・フェスティバル)に出演した
ダフト・パンクが行ったピラミッドを象ったステージでのライブがキッカケという説も。

「Daft Punk / Robot Rock-Around The World Alive @ Coachella 2006」

icon-arrow-circle-up そのライブでは、キャパシティが1万人の会場に4万人の人が集まっていたとか!

そんなこんなで、諸説なんて色々あるので、
何となく頭に入れてもらう感じで大丈夫です(笑)

そして、今ではEDMという単語は明確な音楽ジャンルを指すものではなく
ロックやジャズ、ヒップホップなどと同じように
様々なサブジャンルを包括した用語で
エレクトロ、トランス、テクノ、ハウス、ドラムンベース、ダブステップ、トラップ…など
色々な要素が入っていたりします。

えー!じゃあ、EDMって結局、どんな音楽なの?

一応、特徴はあるっちゃあるんですよ。
キーワードは“高揚感”!!!

詳しくは次回お話しまーす♪

初心者でも分かる“EDM”って何??? Vol.1
DJ JunyaShmizu

プロジェクトレーベル『InfinitySense』主宰・『TOKYO FM』ディレクター/選曲家。2005年よりDJ/オーガナイザーとして国内のHouse/Crossoverシーンを中心に活躍。Jazzy & SoulfulなGrooveを主軸に、House, EDM, Drum’N’Bass, HipHopと、固定概念に囚われる事の無い自由なCrossover Style DJ。2006年より“次世代のダンスミュージック”をテーマにプロジェクト兼パーティー『InfinitySense』を主宰。海外アーティストの来日ツアー企画など、常に新世代の音楽を紹介してきた。現在は、青山0 ZEROにて偶数月第3日曜日に開催中。

icon-pencil JunyaShimizu Recent Posts

DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?⑤

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?④

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?③

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?②

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし
DJ JunyaShimizu

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って?①

世界で1番稼ぐDJ、“Calvin Harris”って? こんにちは!DJ / Label Owner / P…

コメントなし

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です