洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Hopeless Love

Genre Radio

特集 – ラジオチャート

特集 – ラジオチャート


<特集 – ラジオチャート>
TOKYO FM、Nack 5、Bay FM、InterFM897、J-WAVEのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP5(8月10日〜8月16日)特集。

icon-angle-double-right5位

icon-youtube-playFUNNYicon-musicZEDD & JASIMNE THOPSON

グラミー賞受賞歴を持つアーティスト兼DJ兼プロデューサーのゼッドとイギリス出身、19歳のシンガーソングライターのジャスミン・トンプソンのコラボによる1曲。ジャスミン・トンプソンは、中国人の母親とイギリス人の父親との間に生まれた。父親のアルコール依存症で両親が離婚するなど、様々な経験を幼少期に経験。そんな辛さを和らげてくれたのが音楽だったとか。インディ・ロックを聴いて育った彼女だが、ロビン・シュルツ、アヴィーチー、といったEDM系のプロデューサーともコラボしており、今回はゼッドGA彼女の声に惚れた形だ。

icon-angle-double-right4位

icon-youtube-playMY FUTUREicon-musicBILLIE EILISH

ビリー・アイリッシュの今年2月リリースの「No Time To Die」以来の新曲。この楽曲は、コロナ禍のロックダウンによる外出自粛期間中に、彼女の兄でプロデューサーでもあるフィニアスと米国ロサンゼルスで作曲・レコーディングされたもの。この楽曲について、ビリーはこうコメントしている。
「この曲は自粛が始まった頃に書いた。私にとって、とてもパーソナルで特別な曲。書き始めた時、私の頭の中は希望と興奮で溢れてたんだけど、クレイジーなぐらい、自分を見直すことと、成長についても考えてたんだ。でも今は、この世界で起こっている状況もあって、たくさんの新しい意味を持つと思う。みんながそれぞれの解釈を、この曲で見つけてくれるといいかな。」
アニメで製作されたMV必見。

icon-angle-double-right3位

icon-youtube-playCARDIGANicon-musicTAYLOR SWIFT

テイラー・スウィフトが全米・全英チャート1位を獲得した前作『ラヴァー』から1年も経たないうちにリリースした8枚目のオリジナル・アルバム『フォークロア』からのシングルが「Cardigan」。MVは医療検査官の指導の下で全員マスク着用、ソーシャル・ディスタンスを守り、テイラー自身も自分でヘアメイク、スタイリングを行って撮影された。テイラーといえば、元彼のことを楽曲に書いているのでは?ということでも知られているが、この曲も、元彼のハリー・スタイルズに宛てた曲なのではないか、とも言われていた。

icon-angle-double-right2位

icon-youtube-playSMILEicon-musicKATY PERRY

「Smile」は、5月にリリースした「Daisies」に続く新曲。この曲についてケイティは、
「この曲は、私がすごく“落ちていた”時に書いたの。今この曲を聴くと、そのつらい時期を乗り越えられたんだなって実感する。「Smile」は、“3分間のエネルギッシュな希望”だよ!」とコメントしている。先日、第一子を無事出産し、また、当初8月14日リリース予定だったアルバム「SMILE」は、8月28日リリースされた。

icon-angle-double-right1位

icon-youtube-playNOBODY’S LOVEicon-musicMAROON 5

グラミー賞3度受賞の米人気バンド、マルーン5のニュー・シングル「Nobody’s Love」。昨年9月にリリースした「Memories」に続いて発表された新曲は、コロナ禍にいる全ての人に贈るパワー・バラードとなっている。この曲についてバンドは、SNSでこう語っている。
「この曲を完成させるプロセスは、今の世界が置かれている状況を考えながら行った。この曲は、今までの僕たちの物語の中で前例のない今という瞬間に、すべての人に安らぎを与えることができる曲であて欲しいと思う。
みんながこの曲を気に入ってくれると嬉しい。」

ニューアルバムへの期待も膨らむ。

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です