[BURNING T.O] 洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン
Artist Celeb News Feature Tweet

元ブラック・クロウズの兄弟リッチ・ロビンソン率いる新バンド、ザ・マグパイ・サルートがデビュー・アルバムを8月10日に全世界同時リリース

The Magpie Salute


伝説のロック・バンド=ブラック・クロウズのロビンソン兄弟の弟、リッチ・ロビンソンのニュー・バンド=ザ・マグパイ・サルート(The Magpie Salute)が、今年8月10日にデビュー・アルバム『ハイ・ウォーター・ワン』(原題『HIGH WATERⅠ』)を全世界同時リリースする。メンバーはリッチ・ロビンソンを中心にブラック・クロウズの元メンバーでギタリストのマーク・フォード、ベーシストのスヴェン・パイピーンほか、ボーカルにジョン・ホッグ、ドラムにジョー・マギストロの5人編成。

(情報提供:SONY MUSIC JAPAN INTERNATIONAL)

元ブラック・クロウズの兄弟リッチ・ロビンソン率いる新バンド、ザ・マグパイ・サルートがデビュー・アルバムを8月10日に全世界同時リリース

ザ・マグパイ・サルートは新バンド結成と彼らの初ライブ決定のアナウンスが出るやいなや全世界のブラック・クロウズのファンが歓喜、昨年アメリカのニューヨークで開催された初ライブはチケットが即完し、追加で3公演を増やすも全ての公演が数分で完売するなど、既に高い注目度を集めている。アルバムのプロデュースはリッチ・ロビンソンが行い、レコーディングはアメリカのナッシュビルにて行われた。全体的なアルバムのサウンドについてリッチは「ピュアなロックンロールだよ。自由であり、愛があり、喪失、喜び、苦悩もある。傲慢さもありながら脆さもある。それが人生というものであり、それらすべてを昇華したサウンドを鳴らしたかったんだ」と語っており、すでにデビュー・アルバムからのファースト・シングル「センド・ミー・アン・オーメン」のリリック・ビデオも公開されている。

「センド・ミー・アン・オーメン」

バンドは今年7月から全米でヘッドラインを務めるショウやフェスティヴァルに約40本出演予定で、このアルバムの続編となる『ハイ・ウォーター・ツー』(原題『HIGH WATERⅡ』)は早くも来年に発売予定。これまで数多くの歴史的瞬間を生み出してきたリッチ・ロビンソンが新バンドとしてどのような物語を見せてくれるのか。時代に流されず、軸のブレないロックンロールだけを追求してきた彼らの“これから”にすでに期待が高まっている。

◆ リリース情報

ザ・マグパイ・サルート
デビュー・アルバム『ハイ・ウォーター・ワン』(原題『HIGH WATERⅠ』)

● 国内盤CD
2018年8月10日発売予定 (全世界同時発売予定)
¥2,400(税別)SICX-102
※国内盤のみ歌詞・対訳・解説付 
※ボーナストラック追加収録予定

元ブラック・クロウズの兄弟リッチ・ロビンソン率いる新バンド、ザ・マグパイ・サルートがデビュー・アルバムを8月10日に全世界同時リリース

【収録曲】

01. メアリー・ザ・ジプシー
02. ハイ・ウォーター
03. センド・ミー・アン・オーメン
04. フォー・ザ・ウィンド
05. シスター・ムーン
06. カラー・ブラインド
07. テイク・イット・オール
08. ウォーク・オン・ウォーター
09. ハンド・イン・ハンド
10. ユー・ファインド・ミー
11. キャン・ユー・シー
12. オープン・アップ

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です