洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

LIAR

Feature Ranking

2019.01.07~2019.01.13 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

2019.01.07~2019.01.13 RANKING

1st Freelance:Toro Y Moi

チャズウィック・ブラッドリー・バンディック

チャズウィック・ブラッドリー・バンディックによるプロジェクト、トロ・イ・モア。現在までに5枚のフル・アルバムを発表。。ここ日本でもロック~クラブ・ファンまで絶大な人気を誇り、単独公演はもちろん、フジロックやTaicoClub、Hostess Club Weekenderへの出演も果たしている。2015年にアルバム『ホワット・フォー?』をリリース。2016年1月には、自身初となる3都市を回るジャパン・ツアーを敢行し日本中のファンを魅了した。拠点をポートランドに移し制作した『ブー・ブー』を2017年7月にリリース、再びカリフォルニア、オークランドに戻り制作をした新作『アウター・ピース』を今月リリース予定。

2nd SHALLOW(A STAR IS BORN):LADY GAGA,BRADLEY COOPER

ゴールデングローブ賞受賞

レディ・ガガとブラッドリー・クーパーが主演している映画『アリー/スター誕生』のサウンドトラックからの1曲。映画『アリー/スター誕生』は、1937年の同名映画のリメイクで、高い評価を得ている。また、こちらの楽曲は、ゴールデングローブ賞の主題歌賞を受賞した。アカデミー賞の前哨戦とも言えるゴールデングローブ賞を受賞したことで、アカデミー賞の受賞にも期待が高まっている。

3rd Sweet But Psycho:Ava Max

新世代ポップ・クイーンの登場?

去年4月にデビューしたばかりのアメリカ出身のシンガーソングライター、エイバ・マックス。
去年8月にリリースされたこの曲は、スウェーデン、ノルウェーといった北欧から火がつき、ドイツ、オーストリアなどにも人気が飛び火。ついにはイギリスでもチャートの1位を獲得し、本国アメリカにその人気が逆流し始めている。ここ日本でも、急激にオンエア数を伸ばしている。

4th Undecided:Chris Browne

お騒がせシンガーの新曲

去年、ライブ直後に暴行罪で逮捕されるなど、いまだにお騒がせなアメリカのR&Bシンガー、クリス・ブラウンだが、新曲が到着。1991年に世界中で大ヒットした、シャニースの「I Love Your Smile」を大胆にサンプリングしたこの曲は、とてもポップなメロディとサウンドになっている。

5th imagine:Ariana Grande

ジャケットには「想像」の文字も

ニューアルバムリリース後に発表した新曲「thank u,next」も絶好調、以前発表したクリスマスソングも絶好調の中、
新たな曲をドロップ。ジャケットには漢字で「想像」とも書かれている。2019年も彼女の勢いは止まりそうにない。

6th Play:Jax Jones,Years & Years

踊る人形の動きがスムーズ

イギリス出身のDJ/プロデューサー、ジャックス・ジョーンズがイヤーズ&イヤーズとコラボレーションした1曲。PVでは、ジャックス・ジョーンズと、イヤーズ&イヤーズのオリー・アレクサンダーの人形が、見事なブレイクダンスを披露している。CGなのか、クレイアニメなのか着ぐるみなのかはわからないが、その動くは非常にスムーズだ。

7th Grip:Seeb,Bastille

リミックス・ユニットの新曲

Seebは、ノルウェー出身の3人からなるユニット。これまで、ショーン・メンデスやコールドプレイと言ったアーティストの楽曲のリミックスを手がけてきたが、彼らの名前を一躍世界に知らしめたのが、マイク・ポズナーの「I Took A Pill In Ibiza」だろう。これ以降、彼らへのリミックスの依頼が急増したとか。今回はイギリスのバンド、バスティルをフィーチャーしたオリジナルナンバーだ。

8th Nothing Breaks:Mark Ronson feat.Miley Cyrus

次のコラボはマイリー

来日公演(なぜか星野源とのダブルヘッドライナー公演)を去年行なったマーク・ロンソンの新曲。今年リリース予定のニューアルバムからのファースト・シングルで、ヴォーカルにフィーチャーしたのは、マイリー・サイラスだ。数年前にマイリーがテレビで歌っているのを見て、その歌声にほれ込んだマークが懇願し続けた結果実現した豪華コラボ。去年6月にアップしたツーショットでは、「この子のおかげでお気に入りのうちの一曲が書けた」とマイリーを称賛している。

9th New Light:John Mayer

現代の世界3大ギタリストの1人

かつて交換留学生として、神奈川県の高校に通っていたこともあるジョン・メイヤーだが、来日公演が発表されている。4月10日、11日の2日間、日本武道館での公演となる。チケットが1月12日から一般発売とあって、新曲がリリースされたわけではないが、大量のオンエアを獲得。また、過去の楽曲も多数TOP50圏内にランクインされている。現代の世界3大ギタリストの1人に数えられるジョン・メイヤーの生のギターと歌を堪能できるチャンスだ。。

10th THANK U, NEXT / ARIANA GRNDE

コーチェラのヘッドライナー

恋多き歌姫、アリアナ・グランデだが、SNS上で「現在は恋人はいない」と明言したとか。
そんなアリアナだが、4月に開催されるコーチェラ・フェスティバルのヘッドライナーとして出演することがアナウンスされた。恋はなかなか順調に行かないが、仕事面では2019年も絶好調となりそうだ。

なお、1位から50位までのプレイリストはこちら!!

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です