洋楽情報・来日アーティスト・セレブファッション情報なら ナンバーシックスティーン

Dilemma

Feature Ranking Song List

2021.2.15~2021.2.21 RANKING

Tokyo FM, Nack 5, Bay FM, Inter FM, Jwave ON AIR RANKING


Tokyo FM、Nack 5、Bay FM、Inter FM、Jwaveのラジオ局による洋楽の週間オンエア回数TOP10をご紹介します!

1st DRIVERS LICENSE:OLIVIA RODRIGO

世界が注目

Disney+配信のディズニードラマで絶大な人気を集めるオリヴィア・ロドリゴ(Olivia Rodrigo)が先週金曜日にリリースしたデビュー・シングル「drivers license」がApple MusicとSpotifyの米国、グローバルチャートで首位を獲得。米iTunesのシングルチャートでも1位を記録した。同曲は来週発表される全米シングルチャートで初登場1位を記録する可能性もあると話題を呼んでおり、2021年最も期待される新人アーティストとして大注目の存在となっている。

2nd LOVE STORY(TAYLOR’S VERSION):TAYLOR SWIFT

大人の事情で再録音

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)が、2008年にリリースしたセカンド・アルバム『フィアレス』の新バージョンとなる『フィアレス(テイラーズ・ヴァージョン)』を4月9日にリリースすることを発表。収録曲「ラヴ・ストーリー(テイラーズ・ヴァージョン)」を先行リリースした。本作にはオリジナルの20曲に加えて、当時制作したもののアルバムに入りきらなかった6つの未発表曲を収録。全26曲の構成となると明かし、ジャケット写真を公開した。

3rd CLOSE TO YOU:DAYGLOW

インディーポップの注目株

テキサス州、オースティンで活動するSloan Strubleのプロジェクト、DAYGLOW。
2018年にリリースした「Can I Call You Tonight?」は2100万回再生を突破し、大きく注目を集めた。そんなDAYGLOWの新曲が3位にランクインした。

4th FLOATING THROUGH SPACES:SIA & DAVID GUETTA

アルバムからの新曲

ニュー・アルバム『ミュージック / Music – Songs From and Inspired By the Motion Picture』がいよいよ明日2月12日にリリースとなったが、このアルバムからの収録曲「フローティング・スルー・スペース / Floating Through Space」がランクインした。
「フローティング・スルー・スペース」は人類最強のDJと称されるデヴィッド・ゲッタとのコラボレーション楽曲であり、2020年10月にリリースされたの大ヒット・シングル「Let’s Love」以来、2021年初のコラボレーション楽曲となる。

5th BLINDING LIGHTS:THE WEEKND

ハーフタイムショウでパフォーマンス

2月8日(日本時間)に開催された第55回NFLスーパボウル。そのハーフタイムショーでザ・ウィークエンド(The Weeknd)が圧巻のパフォーマンスを披露した。オープニングの登場シーンでは電飾を使用したセットでラスヴェガスを再現し、ライトや花火、豪華なセットを活用したパフォーマンスは一つの完成されたショーであった。フィールドを大きく使用した「ブラインディング・ライツ」の演出では、ザ・ウィークエンドの格好をした多数のダンサーが頭に包帯を巻き踊りを披露。コロナ禍ならではのハーフタイムショーとなった。約14分間のパフォーマンスにザ・ウィークエンドの世界観が表現されていた。

6th HIGHER FEAT.IANN DIOR:CLEAN BANDIT

2021年1曲目

クリーン・バンディットが2021年初の新曲「Higher feat. iann dior / ハイヤー」をリリースした。この新曲はプエルトリコ生まれ、アメリカ育ちのラッパー、iann diorがフィーチャーされている。作詞はクリーン・バンディット、バスティルのダン・スミス、iann diorが手掛けた。オフィシャル・ミュージック・ビデオはクリーン・バンディット自身が監督を務めており、撮影はジャマイカで行われた。

7th WE’RE GOOD:DUA LIPA

未発表曲

アルバム『Future Nostalgia / フューチャー・ノスタルジア』に未発表曲などを追加したデラックス・アルバム(The Moonlight Edition)』も全世界同時デジタル・リリースされた。
新曲「We’re Good」や3曲の未発表曲「If It Ain’t Me」、「That Kind of Women’」、「Not My Problem (feat. JID)」に加え、全世界で2,500万再生回数を突破しているマイリー・サイラスとの楽曲「Prisoner」、ベルギー出身の人気シンガーアンジェルとの楽曲「Fever」、そして5,000万再生回数を誇るJ.バルヴィン、バッド・バニーとの楽曲「UN DIA (ONE DAY) (Feat. Tainy)」を追加収録している。

8th NEW LOVE:SILK CITY&ELLIE GOULDING

2年半ぶり

マーク・ロンソン&ディプロによる、ハウス・ユニット=シルク・シティ(Silk City)が、約2年半振りのニュー・シングル「ニュー・ラヴ with エリー・ゴールディング」をリリースし、同時にミュージック・ビデオも公開した。王道ハウス・トラックにエリー・ゴールディングのシルキーな歌声が見事にブレンドされた、高揚感溢れるダンス・チューンに仕上がっている。ミュージック・ビデオはナイト・クラブというセッティングで、ドラァグ・クイーンやポール・ダンサーが登場する、ゴージャスでカラフルな映像。クラブの常連シンガー役と受付の男性役の、二役を演じているエリー・ゴールディングが見どころだ。

9th GOOD DAYS:SZA

アルバムも期待

2018年に映画「ブラックパンサー」の主題歌をケンドリック・ラマーとともに歌い、話題を集めたシザ。本人名義としては去年リリースした「Hit Different」が、2017年の「コントロール」以来の新曲となっていて、「Good Days」は、「Hit Different」に続く新曲。アルバムへの期待も高まる。

10th GOOD LOVE 2.0:PRIYA RAGU

タミル人の血を引くシンガー

タミル人の血を引き、現在はカナダを拠点に活動しているプリヤ・ラグ。彼女の兄ジャフナ・ゴールドがプロデューサーを務める。プリヤ自身は7歳でヴァイオリンを習い始め、10歳で父親のバンドに加入、16歳の時にシンガーとしての才能を開花させる。2年前に音楽活動への思いを強め、この曲がデビューとなる。

TOP20のプレイリストはこちら!!(毎週更新)

洋楽専門情報WEBマガジン ナンバーシックスティーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です